アウンサンスーチーさん アジア女性のソフトパワーで活力を

      2014/10/23

English

今アジアの女性で最も注目を浴びているのは、ミャンマー(ビルマ)のアウンサンスーチー(Aung San Suu Kyi)さんです。スーチーさんは、通算15年間の軍による自宅軟禁から2010年11月13日釈放されました。その間、海外にいる子どもにも、夫の死に目にも会えないという苦難を強いられました。24年ぶりに国会議員として、ミャンマーの民主化運動指導者として帰り咲いたのです。1991年にはノーベル平和賞を受賞しましたが、授賞式に参加できませんでした。そして2012年6月17日オスロの会場で改めて、スーチーさんはノーベル平和賞受賞記念講演を行いました。「ミャンマーは今驚くほどの急激な変化をとげていますが、ここで楽観主義に陥ってはならないのです。われわれの究極の目的は誰もが自由で平和に暮らせる世界を作り上げること。安心して眠りに就き幸せに目覚めを迎えられる世界をつくるために手を携えましょう」と結んだときには、参加者からスタンディングオベイションが5分以上続いたそうです。

1995年の国際女性会議北京大会の会場で、私はアウンサンスーチーさんのビデオメッセージをみました。「私は皆様の所へ行けないのです。このビデオレターを届けるのも大変でした」と話が始まり、「寛容と安全はコインの裏表です。.私たちをつなぐ共通の希望は、 私たち自身の手足から、 偏見と不寛容の足枷(あしかせ)が離れたとき、 私たちは、 地球上のどこにおいても人類の発展を妨げるものを明らかにし、 それを取りのぞくためにともに努力することができるのです」と話されました。とても感動的でした。この会場にヒラリー・クリントンもいたのです。当時のビデオ講演を「女性と仕事ジャーナル」第3号から紹介します(NGOフォーラムスーチさんの基調講演)。

アウンサンスーチーさんのタイでの講演ではミャンマーは政治の民主化だけでなく、経済改革も必要性だと訴えました。ミャンマーの若年層の失業率が高いことに危機感を示し、雇用創出に向けたミャンマーへの投資を呼びかけました。女性の地位向上ディスカッションにも参加し、政治面で「女性が重要な役割を果たすこと」を強調し、女性の政界進出を促しました。スーチーさんはいつも髪に花飾りをしています。これは一見、ソフトな女性に見えますが、スーチーさん自身は、大きな「決断」を表しているとのこと。女性の持つソフトパワーを活かして、男性リーダーがよく使う「ハードパワー」ではなく、「ソフトパワー」を使いこなしているようです。

image004

image001

ミャンマーは石油など天然資源の豊富な国ですが、長年のアメリカを中心とする経済制裁を受け最後の未開発市場として取り残されていました。列をなしてビジネスチャンスをうかがっていたアメリカ企業に解放されることになりましたが、スーチーさんのいう雇用創出に向けた投資や安心して暮らせる民主化や人権の保障は、これで充分実効されるのでしょうか。

 - 海外事情

  関連記事

インド紀行 その3 ~インドの女性とジェンダー

インドの人口問題 インドへ旅行するには、ビザ申請センターでビザ(査証)の申請が必 …

サンフランシスコ報告 その1

女性と仕事研究所ではスタディツアーでサンフランシスコに行きました(09年9月7日 …

世界中で女性の行進が始まった ─ヒラリーショック、その後

トランプ大統領の就任式でも「反対」のデモが多かったが、翌日のCNNからはピンク( …

もっと知りたいビルマ、6月19日はスーチーさんの日

NHK国際放送局の取材を受けました。テーマは「働く女性と過労死」というブッソウな …

フィンランド、「その世界一」ラッシュ

もうすぐ北欧ツアーです。とくにフィンランドははじめてなので 楽しみです。少し前、 …

今年の風、どこへ向かってー2021年の重大ニュースより

2022年が明けて10日経ちました。コロナウイルスはさらに変異を遂げて拡大中です …

ナワル・サダウィは健在!イスラム教は女性を抑圧する

エジプトはアラブの春の成功事例だと思われていましたが、今、混乱の収束は糸口が見え …

ソウルであった女性たち その4 ~クロアチアの女性 ほか

ソウルであった女性たち その3」の続き 目次 カナディアンインディアンの女性 フ …

no image
関西大学社会学部教授の石元清英氏のアメリカ便り

金谷千慧子様 3月31日に帰国します。 日本の話題に関してアメリカ側の反響を少し …

コロナ禍のリーダーシップ (その2 フェミニン・リーダーシップ)

変革の時代に必要なリーダーシップ コロナの時代にリーダーの質が問われています。日 …