サンフランシスコ報告 その1

      2014/10/23

女性と仕事研究所ではスタディツアーでサンフランシスコに行きました(09年9月7日~14日)。コミュニティカレッジ(San Francisco Community College Downtown Campus Oda’s class and Culinary & Service Skill training Program)やNPOの保育園(C5 Children’s school)、Fashion Institute of Design & Merchandising, San Francisco Campus), NPOの資金確保のセミナー(Fund Raising Basic: Ms. Susan Fox)女性のための起業支援(Women’s Initiative fir Self-Employment)、国内DVと国際的な迫害を受けた女性の支援国際シンポジウム(Gender-Based Violence Conference) の参加やWomen’s Buildingでのアメリカと日本の女性とのミーテイングなどがありました。その他市役所や美術館、世界遺産ヨセミテ国立公園へ行ったり,もちろんかの有名なケーブルにも乗りました。今回は5回に分けて報告します。

ゴールデンゲートブリッジ(全長2737メートル)

ゴールデンゲートブリッジ(全長2737メートル)

サンフランシスコのまち

1) ケーブルカー

キリスト教のフランシスコ会の修道士が創設者のフランシスコを街の名に付けられました。ロスアンゼルスと共ににカリフォルニア経済、金融、工業の中心地です。サンフランシスコの人口は77万人ですが、対岸のオークランドなどを含めた都市圏(MSA)の人口は410万人にも上り、全米第12位の規模。更に南岸のサンノゼを加えたサンフランンシスコ・ベーエリア全体の人口は700万人で広域都市圏(CSA)として全米6番目の規模です。近代的なビルが建ち並び、シリコンバレーやカリフォルニア大学バークレー校にも近く、コンピュータ系の企業も多い。サンフランシスコの気候は地中海性気候で、一年中気温の差があまり無く、気候的にも住みやすい都市です。急な坂や深い霧に覆われることが多いことで有名です。

到着したホテルには、エアコンがなく、湯沸かしの設備もありませんでした。「まあ、なんてホテルなんだ」と言いそうになってわかったことがあります。
エアコンは必要なく、冬にはスティームがあるし、扇風機があるのでいいわけです。水は「世界一いい水です」とガイドさんがいう通り、そのまま飲めばいいのです。坂の多い街にはケーブルカーはお似合いです。私たちも乗りこみました。座ってからわかったのです。座席が詰まると、やおらカメラ片手のぶらさがり客が立ち並びました。名物風景ができあがります。私たちも視界の悪い中、ゆっくりゆっくり坂道を上下するカーブルカーにサンフランシスコを実感しました。

ケーブルカーは立ち見がベターです

ケーブルカーは立ち見がベターです

ユニオンスクエアー

ユニオンスクエアー

霧のサンフランシスコ

霧のサンフランシスコ

2)サンフランシスコ市役所

ホテルの隣がシビックセンターで市役所の他、オペラハウスやアジア博物館やフリーマーケットが毎日大規模に行われていました。荘厳なドーム型の建物で、エントランスを抜けると巨大なロタンダ(丸天井の大広間)に出ます。アメリカで最も美しい建物の一つといわれています。この日はもうすぐシンホニィ・セレモニィが始まるということで宴席を準備していました。2Fのテラスでは数十組にもおよぶ牧師と新郎・新婦の結婚式をやっていました。簡単だなーという感じです。牧師が次々と移動していきます。

歴代市長の彫像もあり、ジョージ・マスコーニ市長のもありました。1978年11月27日、ジョージ・マスコーニ市長はハーベイ・ミルク(後述:自らゲイであることを明らかにして選ばれた市会議員)とともにこの市庁舎内で射殺されたのでした。

サンフランシスコ市庁舎

サンフランシスコ市庁舎

マスコーニ市長像(1929~78)

マスコーニ市長像(1929~78)

結婚式

結婚式

家族揃って

家族揃って

以上 次回に続きます。

● 10月10日(土)PM1時~5時 大阪駅前第2ビル6F 大阪市立大学文化交流センター大セミナー室にて シンポジウムと交流のつどい「女性とNPO」を開催します。サンフランシスコの報告を参加者からいたします。現地でコーディネーターをしていただいたリップ智子さん(SF在住:女性の起業支援コンサルタント)からも「日米の女性の事業家について」の講演があります。ご参加をお待ちしています。
→終了しました

 

 - 海外事情

  関連記事

フィンランド、「その世界一」ラッシュ

もうすぐ北欧ツアーです。とくにフィンランドははじめてなので 楽しみです。少し前、 …

インド紀行 その1

 English ちょうどホ ー リーのお祭り 北インド、ニュー・デリーとアグー …

中欧の旅 ③ マリオネットに込められた願い─魔女は健在でした

チェコの伝統芸能マリオネットは有名である。国立マリオネット劇場はその日も公演して …

no image
脱ポルノのセックスを─タブー視ではなくリアルを追求(ついでにもうひとつ「あえら」の記事から)

真のセックスは、ポルノ映画のようにいつも激しいわけではない。間違ったセックス観を …

今年の風、どこへ向かってー2021年の重大ニュースより

2022年が明けて10日経ちました。コロナウイルスはさらに変異を遂げて拡大中です …

New York

久しぶりのニューヨーク。街(ハーレムも)は本当に清潔になっていて危険な臭いが全く …

From ロンドン No.2

イギリスのコミュニティカレッジ イギリスのコミュニティカレッジの最大の目標は「職 …

新たなタイプの女性の政治リーダー蔡英文

新しいタイプとは 台湾初の女性総統に選ばれた蔡英文(さい えいぶん、ツァイ・イン …

アジアにまたひとり、女性の政治リーダー登場

台湾総統に蔡英文氏が女性初 2016年1月16日、台湾総統選挙の開票が行われ、独 …

no image
関西大学社会学部教授の石元清英氏のアメリカ便り

金谷千慧子様 3月31日に帰国します。 日本の話題に関してアメリカ側の反響を少し …