スーチーさんの時代がきた

      2015/12/24

アウンサンスーチーさんがいつも髪に差している鮮やかな花の髪飾りは、再会することなく死別した英国人の夫とかつて誕生日に贈りあった品種だという。彼女にとってこれをつけることは無言の抵抗の証であった。
2010年11月、長い自宅軟禁から解かれた。そして2015年11月8日に実施された総選挙で、アウンサンスーチーさん率いるNLD(国民民主連合)が圧倒的な勝利を収めた。スーチーさんも下院議員に当選した。監視団のもと、やっと公正な選挙結果が出た。ミャンマーの国民は軍政との決別を選択した。

11月10日に行われた外国メディアの取材に対し、スーチーさんは新たに選出される新大統領について、「憲法上アウンサンスーチーの就任を禁じるための措置に過ぎない」「私が全てを決定する」と断言した。
来春、スーチーさんは新政権を樹立する。やっとスーチーさんの時代がきた。下の写真は解放後のアウンサン・スーチーとヒラリー・クリントンの歴史的な一枚である

現在スーチーさん70歳、クリントン68歳(2011-12-03) 

スーチーさん70歳、クリントン68歳(2011-12-03)

image007
ヒラリー・クリントンもいよいよ選挙。
二人が大統領になる日は近いのか。とてもとても楽しみなことである。

スーチーさんは1991年にノーベル平和賞を受賞した。自宅軟禁中のため授賞式には出席できず、受賞演説を行ったのは21年後の2012年6月16日のことだった。
1995年、北京で開催された世界女性会議でスーチーさんのビデオメッセージが流れた。その席にもヒラリー・クリントンがアメリカ代表として参加しており、そのあと、有名な「女性の権利は人権である(Women’s right is Human right、Human right is women’s right)」と叫ぶような演説をした。その場に私もいた。
その後6月18日のスーチーさんの誕生日は、「スーチーさんの日」として世界中で一日も早くスーチーさんの時代が来るように、みんなで祈ってきた。私も祈ってきた。

 - 女性と政治, 女性の活躍, 海外事情

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インド紀行 その3 ~インドの女性とジェンダー

インドの人口問題 インドへ旅行するには、ビザ申請センターでビザ(査証)の申請が必 …

タリンの花屋さんは染色しているの?もう一度エストニアから。

 IT王国とは、もれない情報網を確立すること 旅の最後は、再びエストニア・タリン …

「ニューヨークタイムズ New York Times」から

They call me Doctor Berry  私を「ベリー教授」と呼んで …

アメリカ報告 第5弾 NPO「E R A」紹介 コロナ後にはNPOのさらなる活躍を!

アメリカはNPO先進国、NPOでの女性の活躍を アメリカは、NPO先進国。建国以 …

サンフランシスコ報告 その5

サンフランシスコのNPOが運営する“C5 Children’s School” …

女性や少女が置かれている暴力的な状況(新聞報道より)

1 アフガニスタン女性 アフガニスタンで、売春を拒否した若い女性(20 歳)が夫 …

ニートの男女比とジェンダーについて

NEET(ニート)=Not in employment, education o …

アメリカ報告その4 AFTERコロナで経済活動は、もう少し減速修正するだろう

アメリカの新型コロナウイルス感染者数(195万1722人)・死者数(11万771 …

アメリカ報告第2弾 なんといっても『Women’s March』!

今回のアメリカ訪問の目的の一つは”Women’s March”に参加することでし …

no image
紹介 ドキュメンタリー映画「ガール・ライジング/Girl Rising」

途上国の女の子の現実と希望を描いたドキュメンタリー映画「ガール・ライジング/Gi …