スマートパワー(Smart Power)

      2014/10/23

スマート・パワーが成功への道

2013年2月1日ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton65)は米国務長官は退任の日を迎えました。4年間の任期中に地球40週分に相当する100万マイル(約160万キロ)を駆けめぐり、歴代の長官では最多の112カ国を歴訪、世界各国の首脳とは電話1本で繋がるといわれるほど関係を深めました。クリントンは1947年生まれで、1960年代以降の女性解放運動の真っただ中で青春時代を過ごしました。②の写真はまさにその時代です。

①この写真はWebで最も人気のあるヒラリーの写真だそうです

①この写真はWebで最も人気のあるヒラリーの写真だそうです

②この写真は第7位

②この写真は第7位

クリントンは、「ソフトパワーだけでは達成できることには限界がある」といいます。しかし「ハードパワーにも限界がある。だから私は就任初日から、スマートパワーを唱えてきたのです」と。

  • 女性はソフトパワーをよく使う
  • 男性はハードパワーをよく使う
  • スマートパワーは、ソフトパワーとハードパワーを戦略的に統合することで生まれる

ブッシュ前政権時代に傷ついた世界との関係修復をめざしてきたオバマ政権下で、クリントンは軍事力や経済力に限らず、米国の経済や分化の影響力も外交の道具とする「Smart Power」を唱えてきました。

リーダーシップはスマートパワーで

これからは、従来の男性のリーダーによる男性の展望で、ものごとが進むのではなく、女性の展望で女性的特性で物事が進むのでしょう。特徴として以下の3つのFがあります。

1) 女性的な (Feminine)
2) 感覚(Feeling)
3) ファンタジー(Fantasy)

これはNPOのマネジメントやガバナンスにも通じるものだと私(金谷)は、考えています。

(参照「女性と仕事ジャーナル」21号 アン・佐渡「韓国、中国と日本の女性の将来イメージを探索する」

 - 女性の活躍

  関連記事

「ジェンダー平等の種を蒔きつづけて・・藤枝澪子の足跡」 出版記念会に参加して

「おんなの解放をどう闘うか」という視点 去る12月2日、「ジェンダー平等の種を蒔 …

だいじょうぶでしたか?  ―熊本大地震に寄せて

昨夜の警報で熊本市での震度7の地震を知りました。懐かしい熊本の友人の安否がとても …

「202030」また、断念! どうしてこうまで遅いのか コロナ後の働き方を考える(その2)

暑中お見舞い! コロナお見舞い!申し上げます。 もうすぐ「アフターコロナの時代が …

no image
女性の力を活かすこと

―またしても提言、「女性の潜在力を活かせ」日経新聞(2013年5月31日、日本経 …

CSR(企業の社会的責任)とSRI(社会的責任投資)

「よりよい投資がよい社会をつくる」それはワーク・ライフ・バランスの観点から 「日 …

アフターコロナは、「脱」経済成長を ~ 変革を担う、女性でありつづけよう

1 オリンピック前半を振り返って オリンピックの前半が終わろうとしている。もっと …

震災と女性

2011年7月25日(月)シンポジウム「震災と女性」で宗片恵美子さん(特定非営利 …

なんとか、女性活躍の流れを止めたくない!

2015年は1月5日(月)から初仕事という方も多いでしょうね。 いかがお過ごしで …

雑誌『婦人公論』が100年を迎えました

『婦人公論』は、1916年(大正5)『中央公論』の女性版として創刊されました。『 …

女性管理職1割未満が8割、春遠からじなのか

毎日新聞1月10日付に東京商工リサーチの調査結果が出ていた。 「管理職のうち女性 …