脱ポルノのセックスを─タブー視ではなくリアルを追求(ついでにもうひとつ「あえら」の記事から)

      2014/10/23

venus and mars symbols - red

真のセックスは、ポルノ映画のようにいつも激しいわけではない。間違ったセックス観を変えるため、広告業界でカリスマ的存在のシンディ・ギャロップさん(58歳)が「メイク・ラブ・ノット・ポルノ・コム」を立ち上げました。

仕組みは、あるカップルがセックスをしているところを自分たちで撮ったビデオをアップしてもらい、審査したうえでオンラインでレンタルするというもので、利用者はレンタル料5$で3週間借りる。収入はカップルと同社が折半します。

彼女は、ポルノ=セックスだと理解してしまうのが害悪だといいます。セックスについて再教育とリハビリが必要とされている時代なのだと。日本のポルノは女性が常に受け身で服従的なので驚いたとも。日本こそ「メイク・ラブ・ノット・ポルノ・コム」が必要で、日本でもっと深く男女の関係が進歩する必要があるともいいます。

 - 海外事情

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

サンフランシスコ報告 その2

今回は第2回目です。 スタディツアーでサンフランシスコに行きました。コミュニティ …

ソウル会議がありました

ソウルで開催された「Women’s World‘05」(6/19~24)国際会議 …

中欧の旅 ③ マリオネットに込められた願い─魔女は健在でした

チェコの伝統芸能マリオネットは有名である。国立マリオネット劇場はその日も公演して …

友、上海より来たる

10年ぶりでした。第4回国連女性会議(北京会議)でワークショップを一緒にコーディ …

公的教育支出、日本は最下位

OECD(経済協力開発機構)は2017年9月12日に、加盟国の教育に関する調査結 …

アメリカ報告第2弾 なんといっても『Women’s March』!

今回のアメリカ訪問の目的の一つは”Women’s March”に参加することでし …

『ヴァラドンとユトリロ 母と子の物語』展

シュザンヌ・ヴァラドン(1865~1938)と息子モーリス・ユトリロ(1883~ …

今年の風、どこへ向かってー2021年の重大ニュースより

2022年が明けて10日経ちました。コロナウイルスはさらに変異を遂げて拡大中です …

アジア(日・中・韓)女性フォーラムに参加しました その2

お茶 お茶のセレモニーがありました。ゆったりしているので、大阪人には少しまどろっ …

中欧の旅 ④ Death Camp─アウシュビッツ

ポーランドのみならず、ヨーロッパにはこんなに多くの教会があり、「汝の敵を愛せよ」 …