脱ポルノのセックスを─タブー視ではなくリアルを追求(ついでにもうひとつ「あえら」の記事から)

      2014/10/23

venus and mars symbols - red

真のセックスは、ポルノ映画のようにいつも激しいわけではない。間違ったセックス観を変えるため、広告業界でカリスマ的存在のシンディ・ギャロップさん(58歳)が「メイク・ラブ・ノット・ポルノ・コム」を立ち上げました。

仕組みは、あるカップルがセックスをしているところを自分たちで撮ったビデオをアップしてもらい、審査したうえでオンラインでレンタルするというもので、利用者はレンタル料5$で3週間借りる。収入はカップルと同社が折半します。

彼女は、ポルノ=セックスだと理解してしまうのが害悪だといいます。セックスについて再教育とリハビリが必要とされている時代なのだと。日本のポルノは女性が常に受け身で服従的なので驚いたとも。日本こそ「メイク・ラブ・ノット・ポルノ・コム」が必要で、日本でもっと深く男女の関係が進歩する必要があるともいいます。

 - 海外事情

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インド紀行 その4 ~インドの働く女性

English インドの女性労働者数 インドでは未だ女性労働者数を正確に算出され …

コロナ禍のリーダーシップ (その2 フェミニン・リーダーシップ)

変革の時代に必要なリーダーシップ コロナの時代にリーダーの質が問われています。日 …

中欧の旅 ⑥ 退職カップルのツアーに紛れ込んで─現在夫婦事情

今回のツアーは10組のカップルと母娘3組、家族1組、その他友人同士、一人参加7人 …

中欧の旅 ③ マリオネットに込められた願い─魔女は健在でした

チェコの伝統芸能マリオネットは有名である。国立マリオネット劇場はその日も公演して …

アジア(日・中・韓)女性フォーラムに参加しました その2

お茶 お茶のセレモニーがありました。ゆったりしているので、大阪人には少しまどろっ …

フィンランド、「その世界一」ラッシュ

もうすぐ北欧ツアーです。とくにフィンランドははじめてなので 楽しみです。少し前、 …

「202030」また、断念! どうしてこうまで遅いのか コロナ後の働き方を考える(その2)

暑中お見舞い! コロナお見舞い!申し上げます。 もうすぐ「アフターコロナの時代が …

アメリカ報告 第5弾 NPO「E R A」紹介 コロナ後にはNPOのさらなる活躍を!

アメリカはNPO先進国、NPOでの女性の活躍を アメリカは、NPO先進国。建国以 …

子ども連れ去り事件の増加とハーグ条約

English Japan Times 2011年12月3日記事に関連して 1  …

アウンサンスーチーさん アジア女性のソフトパワーで活力を

English 今アジアの女性で最も注目を浴びているのは、ミャンマー(ビルマ)の …