脱ポルノのセックスを─タブー視ではなくリアルを追求(ついでにもうひとつ「あえら」の記事から)

      2014/10/23

venus and mars symbols - red

真のセックスは、ポルノ映画のようにいつも激しいわけではない。間違ったセックス観を変えるため、広告業界でカリスマ的存在のシンディ・ギャロップさん(58歳)が「メイク・ラブ・ノット・ポルノ・コム」を立ち上げました。

仕組みは、あるカップルがセックスをしているところを自分たちで撮ったビデオをアップしてもらい、審査したうえでオンラインでレンタルするというもので、利用者はレンタル料5$で3週間借りる。収入はカップルと同社が折半します。

彼女は、ポルノ=セックスだと理解してしまうのが害悪だといいます。セックスについて再教育とリハビリが必要とされている時代なのだと。日本のポルノは女性が常に受け身で服従的なので驚いたとも。日本こそ「メイク・ラブ・ノット・ポルノ・コム」が必要で、日本でもっと深く男女の関係が進歩する必要があるともいいます。

 - 海外事情

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ニートの男女比とジェンダーについて

NEET(ニート)=Not in employment, education o …

サンフランシスコ報告 その5

サンフランシスコのNPOが運営する“C5 Children’s School” …

中欧の旅 ⑥ 退職カップルのツアーに紛れ込んで─現在夫婦事情

今回のツアーは10組のカップルと母娘3組、家族1組、その他友人同士、一人参加7人 …

ホワイトリボンキャンペーン(WRC)はじまる

男性による女性への暴力をなくすため、男性が主体となって取り組む、世界的規模の啓発 …

コロナ禍のリーダーシップ (その4 フェミニン・リーダーシップ)

女性リーダーの国は「幸福度」ランキング上位    世界幸福度ランキングとは 世界 …

中欧の旅 ① ウィーンの暑さと世紀末の輝き

今回の旅の目的は、めずらしく組み込まれていたアウシュビッツにいくことと、もう一つ …

中欧の旅 ③ マリオネットに込められた願い─魔女は健在でした

チェコの伝統芸能マリオネットは有名である。国立マリオネット劇場はその日も公演して …

仕事に満足感が高いデンマークの人 先進国北欧諸国その2─デンマーク編

最近の報道で、メルビン駐日デンマーク大使がエコサイクリングをしている姿に接した方 …

ゲートルート・モンゲーラ(Mongella:全アフリカ会議議長)さん

女性のネットワークに「自転車」と「ラジオ」 衆・参議院議長の招待で来日されたモン …

若者のニューヨーク1950~60年代から

英字新聞2009Jan.11thと2010.Heb.7 thから、『ライ麦畑でつ …