アメリカ報告第2弾 なんといっても『Women’s March』!

   

今回のアメリカ訪問の目的の一つは”Women’s March”に参加することでした。ウィメンズ・マーチは2016年大統領選で、大きな衝撃を受けた一人の女性がフェイスブックで呼びかけたことが始まりでした。投票日からわずか2ヶ月あまりで、ワシントンで100万人、世界中で500万人以上が参加しました。その日はトランプ大統領の就任宣誓式の翌日でした。いよいよ4年経った今年は大統領選挙です。

2020年1月18日のサンフランシスコ市庁舎前は、ピンクの帽子やマフラーを身につけた女性たちで埋め尽くされていました。スピーチが始まる。赤いワンピースのサンフランシスコ市長(ロンドン・ブリード氏:初めての黒人女性市長)、続いて元カリフォルニア州副知事・現在は国会議員。赤いブラウス、3番目はアジア系で初めてのサンフランシスコ市議になった女性で赤い長いマフラーを大きく振り動かしている。

そろそろ出発か。青空が美しい。音楽があちこちで奏でられる。踊りが始まる。派手、派手衣装の一団はゲイ・ピープルだという。手づくりのプラカードが動く。男性の参加者も多い。子連れもたくさんいる。犬といっしょの参加も多い。犬をおんぶしている女性もいる。車椅子も。年齢も人種も千差万別ながら、切羽詰まったデモという感じではなく、挨拶しながら、写真を撮りながら、笑いながら、余裕で、誰もがお互いを気づかいながら、ゆっくり歩く。ハイキングみたいだなって感じです。「日本から参加しています。女性の力を示そう」というプラカードをみてメディアから「こっちを向いてください」とフラッシュを浴びることが何度もありました。私たちは、あらかじめ*NPO「Department on the Status of Women(サンフランシスコ女性の地位部局)でプラカードの作成などをさせてもらい、一緒に参加させてもらいました。ディレクター、ミリー・M・ムラセさんからこの写真を送ってもらいました。

*NPO「サンフランシスコ女性の地位部局」は、1998年サンフランシスコが「女性差別撤廃条約」(CEDAW)の原則を反映した地方条例を採用した世界で最初の都市となったのを機に、CEDAW人権フレームワークを用い、女性の人権を推進させる革新的なプログラムとツールを数多く開発した。市とともに調査を行い、性による不平等の領域を特定し提言を行ってきた。助成金を女性に対する人権推進、家庭内暴力、性的暴行、人身売買に対処する24のコミュニティベースの機関に提供している。


それぞれが自分の主張をするために集まってくる。「もうトランプだけはごめんだ」との気持ちをもって、なにかピンクを身につけて歩く。音楽あり、おしゃべりあり、大声がはじける。「今度の選挙はもっと上手にやろうね」などとおしゃべりしている。

多様性に万歳!行動力に万歳!楽しさに万歳!

 - ブログ, 女性の活躍, 海外事情

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今回の選挙結果への「絶望感や不安」にどう対処する?

女性議員の数は前回より減少 第49回衆院選は10月31日投開票され、投票時間終了 …

ソウルであった女性たち その4 ~クロアチアの女性 ほか

ソウルであった女性たち その3」の続き 目次 カナディアンインディアンの女性 フ …

ちょっと騒ぎすぎじゃないの?令和 (女性と仕事研究所同窓会、もうすぐ)

このところ毎日、毎日皇室の報道と「平成の歴史」「さよなら平成」だの「新しい令和の …

ブログ復活!

International Women’s Day は、日本では少し下火になって …

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2005年10月
森喜朗(83歳)氏の女性差別発言から1か月半、何が変わったか

「わきまえておられる」に立ち向かおう 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長 …

コロナ禍のリーダーシップ (その3 フェミニン・リーダーシップ)

日本を根本的に変える好機としよう! 安倍政権の自壊はコロナ対策の失敗 コロナウイ …

暑すぎる! お身体の調子いかがですか

ほんとに暑すぎます。 8月も下旬に入ったのですが、この蒸し暑さは耐え難い苦痛です …

断捨離って、必要なものを残して大切に扱うこと

この今年の夏の暑いさなか、娘とともに断捨離に励みました。まずは、収納場所をなくす …