CSR(企業の社会的責任)とSRI(社会的責任投資)

      2014/10/23

「よりよい投資がよい社会をつくる」それはワーク・ライフ・バランスの観点から

「日本女性会議2007ひろしま」で分科会(第12)に参加します。10月19日(金)PM1:30から4:00、場所はグランドプリンスホテル広島です。講演とその後のシンポジウムのコーディネーターを務めます。日本女性会議は、1984年に名古屋市で第1回が開催され、今年は24回目です。全国規模の交流と情報ネットワーク化で、市民と行政の連携・協働により、男女共同参画の実現をめざすものです。男女平等の礎は平和。平和の原点、被爆都市広島市ならではの”ぶれない”成果を期待したいものです。ワーク・ライフ・バランスの観点からCSR(Corpolate Social Responsibility)やSRI(Socially Responsible Investment)を論じることを提案したいのです。

エコ・ファンドが環境運動の広まりで注目を集め、SRIファンドも増え、市場では一定の評価を得ていますが、企業の社会的責任の基準(クライテリア)として、「女性の活用度や働きやすさ」を設けている例は少ないのです。4つの大きな基準分野(「従業員(女性・マイノリティ)」「環境対策」「地域社会対策」「経済・倫理対策」)のなかで、ここ数年でにわかに主流になり、欧米のほぼ全てのファンドで、女性基準=「女性の活用度や働きやすさ」が設定されています。別の言葉でいうと「ワーク・ライフ・バランス」です。これは従来の投資に社会的責任というアプローチを取り入れ、その基準に貢献する企業を選定し、投資という資金面での支援をしながら、投資家も財産形成をするものです。資本市場の原理を利用しながら、世界の環境をよくしたり、女性の働きやすさという課題に企業が問題を解決する側に立てるような枠組みを作り、世の中を変えていくのです。

「よりよい投資がよい社会をつくる」というのは、世界で初めてSRI(社会的責任投資会社を設立したエイミー・ドミニさん(1991年:当時42歳)が、何度も語っている言葉です。さらに大企業ではなく、中小企業が多い地方自治体ではまた別の手法が必要なのだと思います。

「今年から始めた家庭菜園、オクラの花が綺麗です。」

「今年から始めた家庭菜園、オクラの花が綺麗です。」

 - 女性の活躍

  関連記事

やっと「紙とハンコ」から解放されるのでしょうか コロナ後の働き方を考える(1)

2020年6月19日、政府(内閣府・法務省・経済産業省)からハンコについての見解 …

こんなときだからこそ 国際女性DAY

コロナウイルスが広まる中で コロナウイルスの拡大で世界は一変してしまいました。1 …

アベノミクスに欠けているもの

1 アベノミクスは「女性の活躍」が中核 アベノミクスの成長戦略の柱は「女性の活躍 …

母の日

昔、母性神話に悩まされていた。「保育所に預けるなんて、母性というものがない人だ」 …

待ったなしの年の瀬

気候変動、地球の異変に待ったなし(その1) 大人は子どもたちの未来を奪ってはいけ …

雑誌『婦人公論』が100年を迎えました

『婦人公論』は、1916年(大正5)『中央公論』の女性版として創刊されました。『 …

女性のリーダーシップとアサーティブトレーニング

最近、外資系の女性リーダーシップの研修に参加しようとしたが、結局かなわなかったこ …

アメリカ報告第2弾 なんといっても『Women’s March』!

今回のアメリカ訪問の目的の一つは”Women’s March”に参加することでし …

震災と女性

2011年7月25日(月)シンポジウム「震災と女性」で宗片恵美子さん(特定非営利 …

ジェンダーフリーって何?

- 弱い存在たる「男性」も癒され、ホッとできる社会を- 「ジェンダーフリーって何 …