パーキンソン病にips細胞による新しい治療

   

さまざまな細胞に変化する人のips細胞(人口多能性幹細胞)から脳の神経細胞を作り、パーキンソン病の患者の脳に移植する新しい治療方法の臨床実験計画が承認され、京大病院が患者選定を始める、という報道がされています。パーキンソン病は特定疾患(難病)に指定されていて、脳内の情報伝達物質ドーパミンを出す神経細胞が出なくなる病気です。徐々に筋肉が固縮し、身体が動かなくなります。

全国に16万人の患者がいるそうですが、実は私の家族もそのひとりです。思いかえせばもう5年以上も前になるかと思いますが、通勤時の歩幅が小さくなって、なんでも面倒がり、積極的に身体を動かすことがなくなってきました。怒りっぽくもなりました。でも年齢のせいだとしか思わず、介護保険の「要支援」の手続きをしてトレーニングに通っていましたが、よくなりませんでした。「怠けている」と思うこともありました。1年前、診察を拒否するのを周りの応援を得て、半ば強制的に診察を受けてやっとパーキンソン病が判明しました。もっと早く気付いていたらと後悔しています。

この1年で病状はものすごく進んでしまいました。治療・投薬をしていても、です。介護保険のさまざまな支援(ヘルパー・介護用具など)を受け、特定疾患の看護やトレーニングの治療をめいっぱい利用させてもらっても、です。

歩行を促進しようと『いっしょに犬の散歩をしよう』と飼い始めたプードル君は、4歳になりましたが、一度もいっしょに散歩に行けずじまいです。

以前はスポーツサイクリング車で走り回っていたけれど、これからは小さい自転車で足を鍛えようと買った自転車も一度も乗らずに雨ざらしのままになってしまっています。

自宅で座り込んで、骨折してしまうなど生活はどんどん不便になっています。自分でもそれが不甲斐ないのでいらだちます。

根本的な治療法はなく回復の見込みはないといわれ、これからどうなっていくんだろうと不安な毎日を送っています。

ips細胞での新たな治療は渇望されていますが、実際にはどのくらいの時間がかかるのだろうか。年内にも一例目が実施され、続いて7人の治療を行い、その結果を基に、最短で2022年に保険適用の申請をめざすといわれています。でもきっと間に合うことはないのかなとも感じています。

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

寄りかからず。 立て、立ち上がれ!

詩人の茨木のり子さんは2006年2月17日79歳で亡くなった。大阪市の出身。夫死 …

雛祭りという優しいひびき

「おひなさま」には、なんとも言えない懐かしさと優しさが響き合います。女の子だけに …

no image
みなさまへ 2006年の年末に寄せて

女性と仕事研究所、自慢のセミナー「キャリアアドバイザー養成講座」は、次年度ぐらい …

2005年9月
国際女性デー(”International Women’s Day”)と反戦

毎年、3月8日は「国際女性デー」です。例年多くの国々で記念行事が行われます。女性 …

今回の選挙結果への「絶望感や不安」にどう対処する?

女性議員の数は前回より減少 第49回衆院選は10月31日投開票され、投票時間終了 …

やっと涼しくなりましたが、涼しい国、バルト三国へ行ってました

涼しいバルト三国のツアーに参加しました。いつまでたっても暑くて、暑くて、今年の夏 …

暑すぎる! お身体の調子いかがですか

ほんとに暑すぎます。 8月も下旬に入ったのですが、この蒸し暑さは耐え難い苦痛です …

「あなたがいてわたしがわたしになる─『人称』と孤独」平子義雄氏著(郁文堂2012年)

今読んでいる本は、平子義雄氏の「あなたがいてわたしがわたしになるー『人称』と孤独 …

夫の死にあたふた(1~3)要介護5―あざだらけの老々介護

半世紀余に及ぶ弁護士生活は勤勉実直そのもの、世のため、人のため骨身を惜しまず、人 …