ヌードの画題が出ました

      2014/10/06

どうしたものかと迷ったあげくの私のスケッチ

永年、画家(男性)とヌード(女性)の視点を批判してきました。しかしこのたびはヌードを練習しなければならなくなりました。どんなヌードだったら我慢できるのか。考え込んでしまいました。女性は男性の望むイメージを「ヌード」(裸ではない)という衣をまとわされて、描き手にも鑑賞者にも、見られる対象としてさらされます(覗姦)。男性はその欲情をキャンパスにまき散らして、芸術だといいます。そして男性が描くヌード画こそが高度な芸術だということになってしまい、逆に女性は本来創造的活動や思索には向いていないという男女の特性論が出来上がってしまいました。

確かに名を残す女性の画家はほとんどいません。女性が描くヌード絵画などないのです。そもそも裸で居る情景など日常生活ではほとんどないはずです。

しかし20世紀、写真の進歩はヌード絵画の猥褻性を減少させましたが、絵画は徹底的に女性の身体を切り刻んで破壊してしまいました(グロテスク!)。

少ないながらも女性画家の絵をみていくとやはり19世紀のシュザヌ・バラドンの肖像を描いたロートレックの作品は見事です。シュザヌは世紀末のパリでお針子をしていた母の私生児として生まれ、自身も子守りやお針子で生計を立てようとしていたのですが、このころのパリで貧しい娘が商売女になる一般的な道をたどらず、好きな絵の道に近づこうとドガ、ルノアール、ロートレックなど、一流の画家のモデルとなりました。17歳ころからは本格的絵筆をとりました。しかし彼女にはアカデミックな絵を学ぶチャンスはありませんでした。女に絵を学ぶことは許されていませんでした。

音楽家を愛し、画家と同棲し、私生児(画家ユトリロ)を生み、まじめに、そして奔放に73歳まで絵を描き続けて生き抜けたシュザヌ・バラドンの健康な身体は描きたいヌードでした。大きな足、握りしめた拳。筋肉質の堂々とした肉体は均整がとれています。(家人は「ウヮ― レスラーか」といいました)

参考:
若桑みどり著「女性画家列伝」岩波新書
多木浩二著「ヌード写真」岩波新書

blog20130618

 - ブログ, 油絵

  関連記事

ポスト・コロナに向けてーリーダーの在り方(リーダーシップ最終稿)

コロナ危機の下でのリーダーシップ  今回がリーダーシップについての最終稿である。 …

ブログ復活!

International Women’s Day は、日本では少し下火になって …

授業のはじめに 法女性学と自分の振り返り

日本での女性学の講義のはじまりは1970年代の後半、お茶の水女子大学からだといわ …

ヒューマニストを描く「チェ28歳の革命」

2009年はキューバ革命50周年です。2人の指導者の一人カストロは存命ですが、一 …

「炎の画家三岸節子」・・・「女の描く絵」からどう飛躍したのか

吉武輝子著「炎の画家三岸節子」(文芸春秋社)を読み終えました(前回紹介した本です …

再度、ヌード絵画について

1月最初のレッスンが終わって、描きはじめのヌードキャンパスのバッグを担いで、韓国 …

母の日

昔、母性神話に悩まされていた。「保育所に預けるなんて、母性というものがない人だ」 …

秋学期がはじまった、関西大学の「ジェンダー論」

2008年10月3日(金)秋学期最初「現代社会とジェンダー」の授業が終わったとこ …

ベート―ベンに見習おう ―Women’ s Activist として、生きていたい。途中経過のご挨拶

私は80歳を超えて、83歳に近づいてきました。よくも悪くも初めて迎えた超高齢社会 …

若者のニューヨーク1950~60年代から

英字新聞2009Jan.11thと2010.Heb.7 thから、『ライ麦畑でつ …