フェミニズムとわたしと油絵(2013~2023)(その4)

   

展覧会とパーティの会場が確定しました

趣味の油絵を再開して10年になるのをきっかけに、「フェミニズムとわたしと油絵」というというタイトルで人生のまとめをしているとブログで報告いたしました。今回はその第4回になります。やっと展覧会とパーティの会場が確定しました。会場は大阪市中央公会堂が抽選で取れました(1年前の抽選です)。2F第6・7・8会議室です。

●展覧会は来年2023年の10月15日(日)初日のみPM13時開始~10月19日(金)最終日のみPM16時終了です。
●パーティは初日2023年10月15日(日)初日のPM16~17時です。同じ会場です。

皆様のご来場を心からお待ちしております。
私は全日程会場に参加できるよう、いよいよ、早めに腰痛の手術に踏み切ろうとしています。長年の姿勢の悪さからでしょうか。脊椎間狭窄症がだんだんひどくなってきています。見ていただきたい絵(65点)に少し手を入れているところですが、大きな絵は、手を伸ばしたり、足で踏ん張って、絵具をつけていますが、あちこち痛い、痛いです。でも一緒に人生を駆け抜けてきた皆様とこれを機会にお目にかかれることを最高の楽しみと思って、頑張って励んでおります。来年の話ですが、どうぞお心に留めておいてくださいませ。簡単なチラシを添付いたします。

テンプレートフェミニズムとわたしと油絵

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

第42回 木星会展10月28日(水)~11月2日(月)へのお誘い

コロナ禍の下の極暑の日々、みなさまお元気で秋をお迎えでしょうか。私の方は、クーラ …

フェミニズムとわたしと油絵(2013~2023)(その8)

―「フェミニズム・アクティビスト金谷千慧子のプロフィール」その2 整形外科病棟を …

「炎の画家三岸節子」・・・「女の描く絵」からどう飛躍したのか

吉武輝子著「炎の画家三岸節子」(文芸春秋社)を読み終えました(前回紹介した本です …

10月は3枚描きました

10月は3枚描きました。 1.「ミニバラを持つ女性」 6号 課題は全身ヌードだっ …

ちょっと騒ぎすぎじゃないの?令和 (女性と仕事研究所同窓会、もうすぐ)

このところ毎日、毎日皇室の報道と「平成の歴史」「さよなら平成」だの「新しい令和の …

国際女性デー(”International Women’s Day”)と反戦

毎年、3月8日は「国際女性デー」です。例年多くの国々で記念行事が行われます。女性 …

紫陽花がいっぱいの季節です

「みなとNPOハウス」のこと 日本ボランティア学会2007年度大会(於大阪市立大 …

与謝野晶子「山の動く日来る」の再来を! その1

最近、長年与謝野晶子研究をしている方とお付き合いが復活しました。それをきっかけに …

ポスト・コロナに向けてーリーダーの在り方(リーダーシップ最終稿)

コロナ危機の下でのリーダーシップ  今回がリーダーシップについての最終稿である。 …

右足が3センチ成長しましたヨ。

手術から1か月たちました。無事、両足で歩いています。ご心配いただいてありがとうご …