紫陽花の絵をもらってくださる方への手紙

      2016/05/07

4362c51dc74cfafa71cc43673edbe1d3_lこのGWに紫陽花の絵を仕上げました。私は紫陽花が好きでよく描きます。もう荷造りをしようとしているのですが、小さな手紙を添えることにしました。

紫陽花の語源は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が有力だといわれています。紫陽花は日本で原生している植物で、古くは8世紀の万葉集にも詠まれています。咲く時期と花の色が雨を思わせることから、雨の比喩表現になったり、開花してから色がどんどん変化するので、七変化とか八仙花と呼ばれたりします。18世紀ごろになると、日本原生のものや東アジア(中国)のものがヨーロッパに持ち込まれ、世界的に有名な花となりました。

紫陽花の花言葉で私が好きなのを3つ紹介したいと思います。

1つは、フランスなどでよくいわれる『元気な女性』です。6~7月のフランスはカラリと天候がよく、過ごしやすい季節です。そこへピンクや赤の豊かな房の花があふれると、それは「元気な女性」のイメージになるのです。フランスでは紫陽花のことを「日本のバラ」ともいうそうです。

2つ目は『辛抱強い愛』です。これは鎖国時代、長崎にやってきた医師シーボルトが国外追放になり、祖国ドイツへ持ち帰った紫陽花を「オタクサ」と命名(楠本 瀧―オタキサンー「オタクサ」)した、その悲恋に由来するものです。シーボルトと瀧の間に生まれた楠本イネは日本ではじめての西洋医術の女医(産科)になりました。その後シーボルトは追放が解かれ、30年ぶりに長崎で、1858年(安政5)妻瀧、娘イネ、孫娘高子と感激の再会をします。まさに『辛抱強い愛』です。

ここでちょっと脱線。この時代に女性のための産科医を目指したイネも高子も、指導を受けている医師にレイプされて、親子二代にわたって悲劇的な子どもを出産しています。もうひとり、日本人初の公許女医第1号になった荻野吟子(産科)の場合も、夫の性病をうつされ離縁されます。その梅毒の治療に男性医師による屈辱的な体験をし、女医となって同じ羞恥に苦しむ女性たちを救いたいと決意し、並々ならぬ努力により女医になったのです。荻野吟子はその後、女性参政権運動を初め多くの女性運動に関わります。
現在、長崎市のシーボルト記念館では、企画展『シーボルトとオタクサ』を実施中です。(4/25~6/15)
http://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/820000/828000/p027288.html
http://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/820000/828000/p009176.html

3つ目の花言葉は、『家族愛』『団結』というものです。これは花の形状から出てきたものでしょうね。

私が紫陽花の絵をよく描くのは、娘が6月生まれということ、その娘が今は遠く離れて暮らしているので、どうしているかなと思って描いてしまいます。幸せに暮らしているのだから気にかけることはないし、近くに住んでいても、私は私、娘は娘の生活を貫くはずですから、気にかけることなどないのですが……。

紫陽花は向日葵ほど積極性や陽気な感じでもなくて、長期間咲いています。近頃では梅雨どきの彩りというよりも、5月の母の日のプレゼントになったり、その後もずっと、1年中、多彩な色を楽しめます。
紫陽花は水彩画にも油絵にも格好の画材です。私はこれからも紫陽花と格闘して描き続けようと思っています。また別の構図の紫陽花も観ていただきたいと思います。

 - ブログ, 油絵

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『ヴァラドンとユトリロ 母と子の物語』展

シュザンヌ・ヴァラドン(1865~1938)と息子モーリス・ユトリロ(1883~ …

むらさき大根―ようやく色褪めぬ

いまどきの膝小僧手術のつづきです 膝小僧手術の方が案外、時間がかかるのだそうです …

母の日

昔、母性神話に悩まされていた。「保育所に預けるなんて、母性というものがない人だ」 …

「魔女の秘密展」に行きました(天保山・大阪文化館)

しばらくこの欄を休んでいましたが、また再開します。 魔女には大きく2つのイメージ …

今回の選挙結果への「絶望感や不安」にどう対処する?

女性議員の数は前回より減少 第49回衆院選は10月31日投開票され、投票時間終了 …

no image
地熱発電こそ普及したい! 原発より強かった 東北地方の地熱発電所

3年前最初に宿泊したウイーンのホテルのすぐ近くに地熱発電所がありました。温泉があ …

夫の死にあたふた(1~3)要介護5―あざだらけの老々介護

半世紀余に及ぶ弁護士生活は勤勉実直そのもの、世のため、人のため骨身を惜しまず、人 …

森喜朗(83歳)氏の女性差別発言から1か月半、何が変わったか

「わきまえておられる」に立ち向かおう 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長 …

ミュージカル「エディット・ピアフ」を堪能しました

私はずっとシャンソンが好きでした。東京にいるとき(単身赴任中)は、四ツ谷にある『 …

『あじさい娘の勝利』について

何が勝利なのかは、目標を持って日々送ることから始まる。 身近な目標をひとつひとつ …