やっと涼しくなりましたが、涼しい国、バルト三国へ行ってました

      2019/10/23

涼しいバルト三国のツアーに参加しました。いつまでたっても暑くて、暑くて、今年の夏はホントに暑かったですね

体調は大丈夫でしたか。そういえば、「今年は西瓜ばかり食べてたワ」という方が多いこと。私もスイカ派。一切れ398円とか糖度13.8%とか書かれたのを探して2日に1回は購入していました。スイカの糖度ってどうして計っているのだろうと思っていましたが、糖度計で図るのだそうです。15度が最も甘いということ。でも市場に出ているのはほとんど15度までは達していないそうです。

それはともかく・・・・。

涼しいバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)に1週間居て、ほんとに元気になりました。38人という大型ツアーで、40数箇所を駆け巡りました。朝は朝食が6時半、バスは8時出発、自由時間は各15分程度、夕食を終えて夜9時ホテル着、トランクを自分で運び入れて寝るという分刻みのスケジュールのなかでしたが、久しぶりに日常生活を脱出して、とても身体全体が活性化されたように感じました。

タリン歴史地区(エストニア)

タリン歴史地区(エストニア)

タリン花屋さん(エストニア)

 

ヘルシンキ経由でヘルシンキ港からクルーズで2時間。この旅はエストニアの首都タリンから始まりました。大相撲の元大関「把瑠都」さん(カイト・フーヴェルソン)はエストニアの出身です。エストニアの人は女性も男性も背の高い人多いです。

中世の空気を今に伝えるエストニアですが、古くは北欧(デンマーク、スェーデン)の支配を受け、その後はドイツの占領を経験、ロシアには50年間、占領されていました。1991年に独立を果たし、その後2004年月にはEUに加盟しました。現在の人口は、132万人、面積は日本の9分の1程度、なぜ、こんなに人口が少なくて、こんなに豊かな生活が出来ているんだろうと不思議な感じがしました。EU加盟後は、あらゆる意味でヨーロッパ化されたといわれます。まずジャガイモ中心の食生活が、色とりどりの葉物野菜や、果物で色鮮やかになりました。そして人々の服装はカラフルに、決して暗い社会主義国的なイメージはありません。宗教的にはプロテスタント(ルター派)の国ですが、国民の半数は無宗教ということです。それよりも先進的な気質に冨み、IT・インターネットの先進国として有名です。選挙の投票をインターネットで実施した最初の国でもあります。そういえばノートパソコンを持って走っている人を何人か見ました。

(バルト三国は3回シリーズです。次回もお楽しみに)

 

 - ブログ, 海外事情

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スーチーさんの時代がきた

アウンサンスーチーさんがいつも髪に差している鮮やかな花の髪飾りは、再会することな …

no image
Increasing the child adduction and Hague Convention(1980)

Japanese(日本語) Saturday, Dec. 3, 2011(Jap …

ホワイトリボンキャンペーン(WRC)はじまる

男性による女性への暴力をなくすため、男性が主体となって取り組む、世界的規模の啓発 …

Travel Report from India (1)

Japanese(日本語) Holi Festival I visited De …

フェミニズムとわたしと油絵(2013~2023)(その6)

腰の手術に踏み切りました。2023年10月実施予定の展覧会に来てくださった方々に …

新年おめでとうございます!
ソウルであった女性たち その3 ~インドの女性

「ソウルであった女性たち その2」の続き 目次 カナディアンインディアンの女性 …

迎、2021年

2021年1月1日 新しい年しかし、「おめでとう」の気持ちにもなれず、「謹賀新年 …

上野精養軒のカレーライスと女流画家協会展

ずっと上野の森の精養軒のカレーを食べたいと思っていました。女流画家協会展の初回入 …

新年おめでとうございます

English(英文はこちら) 新年おめでとうございます。2012年、今年こそ変 …