深い悲しみと炎のなかのラジオ -『母たちの村』を観て

      2014/10/23

神田の岩波ホールで『母たちの村』を観た。「アフリカ映画の父」といわれるウスマン・センベーヌ監督は「伝統的であろうが、近代的(衛生的)であろうが、どんな方法であれ、女性性器の切除(割礼)ということは、女性の尊厳や誇りを傷つけるものです。この古き風習を廃止するために戦った母たちへ、この映画を捧げます」といっている。

女児の性器切除という土着の習慣は、アフリカやアラブの多数の国で、19701年代まで封印されてきた事実であった。私自身も1980年・デンマークでの第2回世界女性会議ではじめて知って仰天した。85年の第3回のナイロビ大会では、アフリカ全土にわたって、この施術は「よくない」と結論がでた、という報告があった。しかし、しかし…。イスラム文化圏固有の習慣を西側諸国のフェミズムの圧力でやめられるものではないという意見が大勢であった。まだまだ40カ国あまり900万人もの女性が、一生続く痛みに耐えながら暮らしているのに。お金もなく、ものをいう力もなく…。

映画では、村の幼い少女たちが4人、森へ連れて行かれて、割礼(汚れを浄める儀式)を強制されようとして、「コレ」のところへ逃げてきたところから始まる。コレは第2夫人。自分の苦しみを娘にはさせまいと施術を拒絶して娘は適齢期を迎えている。

「コレ」は、ラジオを通して性器切除をやらなくても結婚できると知る。女たちの友だちはラジオ。情報は女たちから流れ、広がる。しかし村の長老たちは、ラジオこそ、女たちが掟を破るもとになっているとラジオの没収と焼き討ちを決議し実行する。火がつけれ、ラジオの黒い煙がくゆる。その炎に、コレが割礼師たち(女性)から手を離させた不衛生なナイフがくべられる。鞭打ちの拷問に耐えたコレと女性たちの歌声が大きくなる。

女性たちはすばらしい

女性たちは生命を育む

女性たちに敬意捧げよう

アフリカの赤い大地、女性たちの野太い歌声、疲れを知らない踊り、その背中にカンガにくるまれた赤ん坊がいた。

私が「主婦の再就職センター」という行動を開始したのは、ケニアから帰った直後1985年のことだった。

P82100981

 - 海外事情

  関連記事

インド紀行 その3 ~インドの女性とジェンダー

インドの人口問題 インドへ旅行するには、ビザ申請センターでビザ(査証)の申請が必 …

ノルウェイ大使館にアニータさんを訪ねて

東京南麻布のノルウェイ大使館を訪問しました。やっと面会がかなったのです。アニータ …

サンフランシスコ報告 その4

サンフランシスコの女性センター─Women’s Building 新年おめでとう …

2015年テロへの不安にSOFT POWER(ソフトパワー)こそ女性のリーダーシップが“カギ”

恒例の今年の漢字は「安」だった。第2位は「爆」第3位は「戦」だという。 その背景 …

サンフランシスコ報告 その5

サンフランシスコのNPOが運営する“C5 Children’s School” …

「202030」また、断念! どうしてこうまで遅いのか コロナ後の働き方を考える(その2)

暑中お見舞い! コロナお見舞い!申し上げます。 もうすぐ「アフターコロナの時代が …

もっと知りたいビルマ、6月19日はスーチーさんの日

NHK国際放送局の取材を受けました。テーマは「働く女性と過労死」というブッソウな …

no image
関西大学社会学部教授の石元清英氏のアメリカ便り

金谷千慧子様 3月31日に帰国します。 日本の話題に関してアメリカ側の反響を少し …

ニートの男女比とジェンダーについて

NEET(ニート)=Not in employment, education o …

アジア(日・中・韓)女性フォーラムに参加しました その3

中国のコミュニティ・カレッジとヤン・ウエンさん 慶州コモドホテルの喫茶ルームで山 …