NPO法人女性と仕事研究所からのお願いと提案

      2014/10/23

第7回キャリアアドバイザーのつどい(2011年9月17日)にて

変革の時期をむかえて

金谷千慧子

9・11から10年、3・11から半年、世界的にも、国内的にも大変革の時期を迎えています。人間(男性)が自然を征服できる、人間(男性)の知能でできないことはないという思い上がりと状況判断の誤りが、テロ戦争の大失敗、イスラム教への憎悪の増幅をまねき、地球の破壊と自然災害の過酷化に確実につながってきました。
地震・津波・原発は東北地方の問題だけではもちろん、ありません。想定外などという言葉で「いのち」を、「くらし」を、「文化」を、「歴史」を消し去ることにストップをかけ、新しい変革の過程をつくりださねばならないのです。
新しい変革の時期には、新しい主役たちが踊り出なければならないのです。チェンジリーダーの季節です。新しい主役たちは思い上がりや状況判断の誤りを犯さないよう、人間関係を縦型ではなく横型で組み、言葉と高品質の実力(Power)で協力関係を拡大していくことでしょう。これがまさしくフェミニンリーダーシップです。

女性と仕事研究所の変革期

女性が子どもを育てながら(夫がいるかどうかを問わず)、自分の人生を社会的にも謳歌できるしくみに組み替えていきたいと活動しはじめて(1993~)18年、その前の再就職支援センターの活動を含めると(1986~)25年が経ちました。こんなにゆっくり時間がかかるとは思っていませんでしたが、活動のキーパーソンたちの高齢化は避けられず、新しいキーパーソンたちを迎えたいという切なる思いでおります。

お願いとご提案

女性と仕事研究所では、現在のキーパーソンたちは2013年度をメドに新たな人材への引継いでいただくための準備を進めていく予定です。しかし、限られたキーパーソンたちだけでは、既存の事業と組織の管理と運営を行うとともに、新たな事業の開発や組織体制の整備を進めることは容易ではありません。このため、以下のお願いとご提案をいたします。

  • 女性と仕事研究所への継続的なご支援
  • 新しいキーパーソンとしてのご参加
  • 裏面にあるプロジェクトへのご協力

 - NPO

  関連記事

阪神淡路大震災から20年

未曽有の災害でした。しかし何が起こったのか理解できず、爆発かと思いました。私は著 …

はじめに(その2)─NPOで生きる女性たち

ドラッガーの遺言 膨大な著作には「ドラッガーの遺言」というタイトルの本もあります …

no image
NPO交流して育つ

日本経済新聞(2月24日)に「みなとハウスの5年」という記事が掲載されました。 …

コミュニティカレッジを創世する時代

理事会を経て、新しく方向づけが確定しました。 2007年3月、東京のみなとNPO …

ソウルであった女性たち その3 ~インドの女性

「ソウルであった女性たち その2」の続き 目次 カナディアンインディアンの女性 …

コロナ禍のリーダーシップ (その3 フェミニン・リーダーシップ)

日本を根本的に変える好機としよう! 安倍政権の自壊はコロナ対策の失敗 コロナウイ …

再び、NPOと2010年の春 「新しい公共」円卓会議、その後

政府税制調査会は4月8日、特定非営利活動法人(NPO法人)に対する支援税制の基本 …

「新しい公共」に春風は吹くか

春風は、行方を定めず気ままですね。 きのうの夕刻からまたびっくりするほど寒くなり …

NPOという言葉も知らなかったころのこと─NPOで生きる女性たち

はじめに─私の30年 無認可保育所の運営をはじめて 先日の記事(阪神淡路大震災か …

ソウルであった女性たち その1 ~カナディアンインディアンの女性 ほか

2014年9月、韓国のソウルで開催されたフォーラム(International …