いまどきの膝小僧手術―油絵を描きながらの2週間

      2019/04/03

年間7万人が膝の手術をするそうです。
私の膝小僧が痛み出してもう10数年になりますが、やっと1月末手術をしました。

パーキンソン病の家族が施設に入居でき、ペットはペットホテルを手配して入院。手術は1時間(全部で2時間)、全身麻酔です。粉々に割れた軟骨や骨を取り除き、チタンの人工関節を骨セメント(接着剤)で固定するのです。
傷は15センチ程でやや斜めに走っています。吸収される糸で縫合し透明シートが貼ってあります。ガーゼの交換や抜糸はありません。以前は手術前に自分の血液を提供しておき、手術後に輸血をしていたのですが、いまは輸血しません。手術時にでた自分の血液が袋に入って、白い点滴液のほかに吊り下げられていました。それもほどなくなくなりました。鎮痛剤のおかげでぼんやりした痛みで、痛くて眠れないということはありません。締め付けのきついストッキングをはきます。
リハビリは翌日から。膝の曲げ伸ばしや、歩くこと、階段の訓練をしました。そして2週間で退院。未だに腫れが残っていて、重い感じや膝が絞めつけられている感が残っています。膝小僧に小僧の顔はなく、痛々しい刀傷だけで腫れています。これはまだ続くそうです。

私が絵の道具をそおーっと出し始めたのは術後4日目でした。
まず新聞を敷き詰めて、身体にシートをまきつけて、小さいキャンパスを3枚並べて、椿を2枚、あじさいを1枚描くことにしました。
翌朝お掃除に訪れた女性にまず見つかり、「絵を描いている患者さんなんて見たことないわ」と。日々、看護師さんも「私はこっちが好きだわ」などといってくれました。それからF4を4枚増やして、合計7枚花ばかり描きました。2週間では全部は完成しませんでしたが、完成した3枚を見てもらうことにします。

(左から「あじさい」、「虹椿1」、「虹椿2」)

 

 

 

 

 - ブログ, 油絵

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フェミニズムとわたしと油絵(2013~2023)(その3)

趣味の油絵を再開して10年になるのをきっかけに、「フェミニズムとわたしと油絵」と …

「炎の画家三岸節子」・・・「女の描く絵」からどう飛躍したのか

吉武輝子著「炎の画家三岸節子」(文芸春秋社)を読み終えました(前回紹介した本です …

待ったなしの年の瀬

気候変動、地球の異変に待ったなし(その1) 大人は子どもたちの未来を奪ってはいけ …

「女性と仕事研究所同窓会2019」 Photo集

30の笑顔がはじけて楽しい時間が流れました。2019年5月25日の午後、芦屋市ホ …

『クレオパトラとエジプトの王妃展』に行きました

『クレオパトラとエジプトの王妃展 』 2015年10月10日(土)~ 12月27 …

5/27に女性と仕事研究所同窓会を開催しました

第3回目女性と仕事研究所同窓会を5月27日にホテル竹園で開催しました。 NPO法 …

パーキンソン病にips細胞による新しい治療

さまざまな細胞に変化する人のips細胞(人口多能性幹細胞)から脳の神経細胞を作り …

「100年」にうたう「君死にたまふことなかれ」

女性と仕事研究所は2004年4月で東京事務所設立5周年を迎えました。ちょっとした …

コロナ禍のリーダーシップ (その4 フェミニン・リーダーシップ)

女性リーダーの国は「幸福度」ランキング上位    世界幸福度ランキングとは 世界 …

Tシャツのウクライナ大統領「ゼレンスキー」

2022年2月24日からプーチンのロシアによるウクライナへの軍事侵略が始まりまし …