いまどきの膝小僧手術―油絵を描きながらの2週間

      2019/04/03

年間7万人が膝の手術をするそうです。
私の膝小僧が痛み出してもう10数年になりますが、やっと1月末手術をしました。

パーキンソン病の家族が施設に入居でき、ペットはペットホテルを手配して入院。手術は1時間(全部で2時間)、全身麻酔です。粉々に割れた軟骨や骨を取り除き、チタンの人工関節を骨セメント(接着剤)で固定するのです。
傷は15センチ程でやや斜めに走っています。吸収される糸で縫合し透明シートが貼ってあります。ガーゼの交換や抜糸はありません。以前は手術前に自分の血液を提供しておき、手術後に輸血をしていたのですが、いまは輸血しません。手術時にでた自分の血液が袋に入って、白い点滴液のほかに吊り下げられていました。それもほどなくなくなりました。鎮痛剤のおかげでぼんやりした痛みで、痛くて眠れないということはありません。締め付けのきついストッキングをはきます。
リハビリは翌日から。膝の曲げ伸ばしや、歩くこと、階段の訓練をしました。そして2週間で退院。未だに腫れが残っていて、重い感じや膝が絞めつけられている感が残っています。膝小僧に小僧の顔はなく、痛々しい刀傷だけで腫れています。これはまだ続くそうです。

私が絵の道具をそおーっと出し始めたのは術後4日目でした。
まず新聞を敷き詰めて、身体にシートをまきつけて、小さいキャンパスを3枚並べて、椿を2枚、あじさいを1枚描くことにしました。
翌朝お掃除に訪れた女性にまず見つかり、「絵を描いている患者さんなんて見たことないわ」と。日々、看護師さんも「私はこっちが好きだわ」などといってくれました。それからF4を4枚増やして、合計7枚花ばかり描きました。2週間では全部は完成しませんでしたが、完成した3枚を見てもらうことにします。

(左から「あじさい」、「虹椿1」、「虹椿2」)

 

 

 

 

 - ブログ, 油絵

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ラトビア、首都リーガは美しい街

ラトビアはバルト三国でも最も小さい国。人口は200万人弱、面積は日本の北海道の約 …

新年あけましておめでとうございます

新年おめでとうございます。ご活躍を祈念します。 今年もお付き合いの輪が広がります …

ブタペストの春

油絵を描き始めて1年経ちました。2年目の第1作は、ハンガリーのブタペストの風景で …

母の日

昔、母性神話に悩まされていた。「保育所に預けるなんて、母性というものがない人だ」 …

ちょっと騒ぎすぎじゃないの?令和 (女性と仕事研究所同窓会、もうすぐ)

このところ毎日、毎日皇室の報道と「平成の歴史」「さよなら平成」だの「新しい令和の …

「炎の画家三岸節子」・・・「女の描く絵」からどう飛躍したのか

吉武輝子著「炎の画家三岸節子」(文芸春秋社)を読み終えました(前回紹介した本です …

A Happy New Year to you!

Japanese(日本語) A Happy New Year to you! I …

『ヴァラドンとユトリロ 母と子の物語』展

シュザンヌ・ヴァラドン(1865~1938)と息子モーリス・ユトリロ(1883~ …

断捨離って、必要なものを残して大切に扱うこと

この今年の夏の暑いさなか、娘とともに断捨離に励みました。まずは、収納場所をなくす …

アメリカ報告第2弾 なんといっても『Women’s March』!

今回のアメリカ訪問の目的の一つは”Women’s March”に参加することでし …