プーチンはロシアの自壊と世界を破滅に向かわせている

   

プーチン大統領は2022年2月24日にウクライナ侵攻作戦を発動、ロシア軍が対ウクライナ国境を越えて全面侵攻を開始した。「えーっ?「何それ?」「ほんと?」と訳の分からないままに恐怖に震えたその日からはや40日。暦は4月、まだ戦火は続いている。意味のない、血迷った軍事攻撃―。「プーチンは狂ったか?」ともいわれているが、狂ったままでも戦火は続くのである。第2次大戦の日本のように。

ロシア政府(クレムリンの権力者)は国民にうそを
3月17日、元ハリウッド俳優でカリフォルニア州知事だったアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)氏が、ロシア国民に反戦を呼びかける動画をロシア語の字幕付きで公開した。言論統制下のロシアのソーシャルメディアでも話題になっている( BBCニュース)という。シュワちゃんこと、シュワルツェネッガー氏は、ウクライナ侵攻についてロシア国民は、事実と異なる情報を政府から与えられていると警告している。ウクライナでの戦争について、ロシアはロシア語を話すウクライナ人を軍事的に守るため、ウクライナの「ナチ化」を阻止するための「特別軍事作戦」だと一貫して主張している。しかしウクライナは守られたいとは思っていないし、これは違法な戦争であり、全世界から非難されている無意味な戦争なのだと訴えている。
実は私も何のことを言っているのか、理解できなかったのだが、「ウクライナの非ナチ化」というプーチンの発言についてであるが、シュワルツェネッガー氏は、ナチスと闘ってヨーロッパを「ファシズムから解放した」というロシア魂に期待をした発言だとしている。しかしウクライナの現大統領はユダヤ系の人だし(父親の兄弟は、ナチスに殺害された)、ウクライナにすれば、このロシアの侵害行為こそ、かつての「ファシズム」と同じ行為の再来ととれるはずである。
シュワちゃんはロシア国民の皆様、無意味な戦争の犠牲者にならないでほしい、とも訴えている。(https://www.bbc.com/news/world-us-canada-60794809)
またウラミジール・プーチン大統領に向かって、「この戦争はあなたが始めたものだ。だから、あなたはこの戦争を止められる」と語りかけている。
私たち一人ひとりが今できることを
これは遠い国のことではない。日本の地図をアジアのなかで眺めれば、これは決して他人事では済まない。こんな侵略がまかり通るなら、「やはり日本も核武装しなければ」とか、「原発は資源のない日本では仕方がないことだ」とか、「サハリン2事業は、いまさら退去などできない」とか、「そのうち収まるだろう、島国の日本は海に守られているから大丈夫」などという前世紀なみの思考停止に陥ってしまう。
「これは困ったことだ」「これは違法な侵略だ」「核兵器も生物兵器も決して許されないことだ」「ウクライナからの人たちを即時救出しよう(難民は20人が限界などと言わずに」などなど、自分の思いを発言しよう。まず発言しよう。
それもできにくい人は、そっと支援の寄付をしよう。寄付サイトは増えている。
私も、ともかく 検索結果 – Yahoo!ネット募金 を利用して寄付を終えたところ。

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

NYの裏側があぶり出されたコロナ災害

今年の2月から3月にかけて、このブログのアメリカ報告の途中から、世界中で新型コロ …

新年おめでとうございます

English(英文はこちら) 新年おめでとうございます。2012年、今年こそ変 …

新年おめでとうございます

2023年1月1日 いいお正月をお迎えのことと存じます。今年こそコロナウイルスか …

むらさき大根―ようやく色褪めぬ

いまどきの膝小僧手術のつづきです 膝小僧手術の方が案外、時間がかかるのだそうです …

森喜朗(83歳)氏の女性差別発言から1か月半、何が変わったか

「わきまえておられる」に立ち向かおう 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長 …

今年の風、どこへ向かってー2021年の重大ニュースより

2022年が明けて10日経ちました。コロナウイルスはさらに変異を遂げて拡大中です …

第42回 木星会展10月28日(水)~11月2日(月)へのお誘い

コロナ禍の下の極暑の日々、みなさまお元気で秋をお迎えでしょうか。私の方は、クーラ …

母の日

昔、母性神話に悩まされていた。「保育所に預けるなんて、母性というものがない人だ」 …

「骨にこたえる寒さかな」

  今年からこのメッセージ欄を書きます。 極寒を実感する今日このごろ、 …

「女性と仕事研究所同窓会2019」 Photo集

30の笑顔がはじけて楽しい時間が流れました。2019年5月25日の午後、芦屋市ホ …