夫の死にあたふた(1~3)要介護5―あざだらけの老々介護

   

半世紀余に及ぶ弁護士生活は勤勉実直そのもの、世のため、人のため骨身を惜しまず、人権と社会正義の実現のため、弁護士を天職として日夜力を尽くしてきました。大阪淀屋橋を拠点に、大学時代から友人の弁護士と開設したのは、昭和52年(1977年)44年前のことでした。その後二人の若い弁護士迎えました。ほんとに余生も余暇も少ない生活だったかもしれません。

息子と自転車(スポーツ車)で少し遠距離を走るのはとても楽しい余暇だったと思います。今それが息子と孫で自転車の遠乗りをするようになっています。

少し仕事を減らしてゆっくりするかと話しているところでした。小さな子犬を飼い始めました。歩幅が小さくなったので、子犬と散歩することで足を鍛えようと意見が一致しました。

その後、半ば強制的に診察に赴き、「パーキンソン病」が判明しました。私も家族もなんでもっと早く診察を強制的にでもいいから早くしなかったのかと、これは何度悔やんでも、悔やんでも悔やみきれない思いです。もっと病気の進行を食い止められたのに、と本当に残念です。でもこれも3人がかりで結託して、タクシーの行く先を無理やり病院に方向を途中で変えて診察にたどり着いたのでした。その後は歩行中に倒れて、救急車で運ばれたり、食後によく起きた急性心不全には救急車の乗車を拒否したり、体がどんどん不自由になるのを受け入れられない何か月かが続きました。

介護者も被介護者もいのちがけというのが大げさでないという介護生活でした。施設の遷るころにも「家に帰りたい」の一点張りでわがまま放題でした。

私の友人の弁護士が長年の介護に疲れた妻から薬殺されるという事件がTVやビ新聞で報道され脚が震えました。

それがあるとき(3年前ぐらい1999年秋)には「集団生活もいいもんやわ」などというようになっていました。

「集団生活」「施設の生活」では、2つ上のお兄さんが来て下さったときには、小学生時代の「強い兄貴、ハンサムな兄貴と少し弱めで勉強がすきな弟」の昔の会話がとてもはずんでいました。後でお兄さんの健一さんの方から、昔話などお聞かせいただけば、弟の康夫は箱の中でニタリとほほ笑むかもしれませんね。よろしくお願いいたします。

その面会も新型コロナでどんどん縮小され、最後の2年間はファイスシールドにマスク、時間は10分間などとても制限がきつくなりました。結局最後の面会は2021年4月21日(水)でそれが最後の機会になってしまいました。

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

脊柱管狭窄症の手術から1年経ちました

やっと一年です 今は、座っている分には全く何の支障もありませんし、1時間ぐらいは …

もう一つの2013年─4月から油絵再開

20数年ぶりに油絵を再開しました。 右脚が歩きにくくなって、このまま車いすになっ …

《No.1》 戦後60年、性差を超えて

戦後60年の年末が近づいています。この一両日、いきなりの真冬になってしまいました …

ミュージカル「エディット・ピアフ」を堪能しました

私はずっとシャンソンが好きでした。東京にいるとき(単身赴任中)は、四ツ谷にある『 …

フェミニズムとわたしと油絵(2013~2023)(その13) もうすぐ展覧会!

1.もうすぐ展覧会! かねてより準備してきました「金谷千慧子フェミニズム絵画展」 …

絵の具の話。絵を描き始めました

この4月からまた油絵を始めました。 忙しさに負けて、随分長く封印してきました。2 …

NYの裏側があぶり出されたコロナ災害

今年の2月から3月にかけて、このブログのアメリカ報告の途中から、世界中で新型コロ …

「100年」にうたう「君死にたまふことなかれ」

女性と仕事研究所は2004年4月で東京事務所設立5周年を迎えました。ちょっとした …

新年おめでとうございます

2023年1月1日 いいお正月をお迎えのことと存じます。今年こそコロナウイルスか …

紫陽花の絵をもらってくださる方への手紙

このGWに紫陽花の絵を仕上げました。私は紫陽花が好きでよく描きます。もう荷造りを …