夫の死にあたふた(1~3)

   

 

夫死亡、コロナ禍の手作り葬儀、新しい葬儀の時代がくるか

弁護士の夫(85歳)が2021年5月6日に亡くなりました。

ここ6・7年難病といわれるパーキンソン病で治療中でしたが、薬石効無く、最後は心不全で亡くなりました。パーキンソン病にIPS細胞で回復効果が高いと報道されていましたが私どものところまでは届きませんでした。

かねてより、葬儀のやり方は手作りでとか、お経もお坊さんも、戒名も不要、墓も不要と話し合って合意していたのですが、コロナ禍で人が集まれないという前提では考えていませんでした。大阪でも緊急事態宣言の延長が4月25日に決まり、東京よりも感染者、重傷者、死者の数も最前線、感染の能力の強い変異型コロナはますます身近に迫ってきました。救急車にも乗れず亡くなる人も増えているという実情です。救急車のサイレンがいつもいつも鳴り響いている大阪市内のこのごろです。

大阪がコロナ最前線になった日、家族だけが手作り葬儀にしようと決めました。しかし、外国在住の娘は帰国が間に合いませんでした。関係者はパソコンのズームを使って参加してもらうことになりました。葬儀の担当職員の男性も昨日、濃厚接触者からの隔離状態から解放されたところだといいます。友人たちと一緒に居酒屋で会食。その後、居酒屋さんも含めて次々に陽性者が増えクラスターになり、陽性反応が出た患者の新婚の女性で、症状が出てからわずか24時間で、36歳で亡くなったのだそうです。「ショックでした」と言っていました。担当職員も含めて初めて尽くしの手作業が始まりました。遺影は本人が決めていたので、スムーズにいきました。それから本人が残した10冊程のアルバムからスライドショーにする写真を選びました。BGMも決めて私が司会のようなことをすることになりました。ご参加の「お礼の言葉」の文章を考えました。お花だけは少し華やかに飾りました。原則、平服の参加で香典などはいただかないと決めました。

はじめは15分ぐらいで終わってしまったら余った時間をどうしようと心配していましたが、ズームからの思い出話が進むにつれて、涙あり、ちょっとした笑いありで予定の1時間半を超えてしまいました。その後柩にたくさんの花を手向け、出棺の運びとなりました。

お経もいらない、戒名も、お墓もいらないという葬儀がこれから増えるかもしれないと思います。多くの人にはお経は、外国語に近いし、線香やろうそくも死生観が変わればおのずと別のものに変わるに違いないのです。「千の風になって」の歌があれほど多くの市民に好評だったのはきっとその先駆けだったのでしょう。

新しい形のお葬式は、簡単だから、安くつくからなどのメリットもあるでしょうが、ほんとのところは、残された者たちへの生きる力がよみがえるようなお葬式になればいいでしょうね。でもあまりにも若い人の死は辛すぎますね。

夫への新型コロナワクチン接種のお知らせは死亡後10日目に届きました。

 

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

むらさき大根―ようやく色褪めぬ

いまどきの膝小僧手術のつづきです 膝小僧手術の方が案外、時間がかかるのだそうです …

断捨離って、必要なものを残して大切に扱うこと

この今年の夏の暑いさなか、娘とともに断捨離に励みました。まずは、収納場所をなくす …

アフガニスタン女性のデモはどうなるか

アフガニスタン女性の「ブルカ」姿 同時多発テロから20年、2021年8月15日、 …

母の日

昔、母性神話に悩まされていた。「保育所に預けるなんて、母性というものがない人だ」 …

4月10日は日本で女性が初めて参政権を行使した記念の日です。もうすぐ選挙!

4月10日は、わが国で女性が初めて参政権を行使した日です。 今からちょうど75年 …

ヌードの画題が出ました

どうしたものかと迷ったあげくの私のスケッチ 永年、画家(男性)とヌード(女性)の …

夫の死にあたふた(1~3)女性が働くことを支えた人

夫は戦後の食糧難の時代に育ったにもかかわらず、健康な歯が一本も欠けず最後まで身体 …

涼風献上
ラトビア、首都リーガは美しい街

ラトビアはバルト三国でも最も小さい国。人口は200万人弱、面積は日本の北海道の約 …

2005年10月