「女性たちのNPO」出版記念シンポジウムのご案内

   

NPO法の制定から20年が経過し、NPOというアルファベットの3文字も、広く社会に受け入れられてきております。
「NPOの先進国アメリカ」では、「女性産業」ともいわれるNPOですが、日本のNPO活動においても、運営を担い、支えるとともに、活動の利用者の多くが女性、という現実が存在します。その女性を軸に、過去、現在、未来のNPOを考えていきたいと思い、以下のようなシンポジウムを企画しました。
「出版記念シンポジウム」としたように、今年1月、明石書店から発行された「未来を切り拓く女性たちのNPO活動:日米の実践から考える」の共著者が司会とパネリストになるとともに、同書で取り上げられたNPOの女性の運営者の方々にもパネリストとしてお越しいただき、このテーマにそって議論しようと思います。ぜひ、ご参加ください。

テーマ   女性の視点からNPOを考える
日 時   2019年3月28日(木)午後6時30分から8時30分
場 所   大阪市立大学大学院梅田サテライト101教室 JR北新地駅真上 大阪駅前第2ビル6階
パネリスト 金谷千慧子(NPO法人女性と仕事研究所 前代表理事)/玉田恵美(NPO法人姫路コンベンションサポート 理事長)/越堂静子(Working Women’s Network 代表)
司 会   柏木宏(大阪市立大学大学院創造都市研究科 教授)
予 約   不要
参加費   無料
協 力   大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野
問い合わせ mrbeauty2000@yahoo.co.jp

「未来を切り拓く女性たちのNPO活動:日米の実践から考える」について

概要:日米のNPO活動実践・教育研究および、女性の権利擁護運動に関わってきた二人の著者が、これまでのNPOを通じた女性の活動を振り返るとともに、今後、女性がNPOをどのように活用し新たな働き方を探っていくべきかについて、展望する。出版社、明石書店。ソフトカバー248ページ。2592円(税込み)。詳細は、以下からご覧ください。https://www.amazon.co.jp/dp/toc/4750347787/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=465392

 - NPO, 女性と仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アメリカ報告その4 AFTERコロナで経済活動は、もう少し減速修正するだろう

アメリカの新型コロナウイルス感染者数(195万1722人)・死者数(11万771 …

雑誌『婦人公論』が100年を迎えました

『婦人公論』は、1916年(大正5)『中央公論』の女性版として創刊されました。『 …

女性の、女性による、女性のためのNPOの可能性

出版を記念したセミナーで「女性NPOの未来」について、講師をしました。 2019 …

no image
シングルマザーに福祉ではなく労働権を「シングルマザー専用」の職業紹介事業の記事

シングルマザーを管理職に!の記事から 朝日新聞によると職業紹介事業の柱に、社会に …

フラワーデモ、毎月11日、全国で動くー花を贈る優しさをデモに

性暴力と性犯罪に対する司法判断に抗議する「フラワーデモ」が6月11日夜、東京や大 …

NPO10年、35000の力

2008年12月1日は特営利活動促進法(いわゆるNPO法)が成立してちょうど10 …

「新しい公共」に春風は吹くか

春風は、行方を定めず気ままですね。 きのうの夕刻からまたびっくりするほど寒くなり …

コミュニティカレッジを創世する時代

理事会を経て、新しく方向づけが確定しました。 2007年3月、東京のみなとNPO …

アメリカ報告 第5弾 NPO「E R A」紹介 コロナ後にはNPOのさらなる活躍を!

アメリカはNPO先進国、NPOでの女性の活躍を アメリカは、NPO先進国。建国以 …

『婦人公論』1500号(記念特別号)に「主婦の再就職」の記事を見る

『婦人公論』は2018年8月28日で1500号を迎えました。1916年(大正5) …