むらさき大根―ようやく色褪めぬ

   

いまどきの膝小僧手術のつづきです

膝小僧手術の方が案外、時間がかかるのだそうです。股関節よりです。
私はもっと簡単に考えていたので少々がっくりです。手術から10日ぐらい経つと不気味な状態で、すねとふくらはぎ(英語でいうLegの部分)はパンパンに膨れ上がり、どこもかしこも紫色と赤紫色になってきました。そう、「むらさき大根」状態でした。それからしばらくすると、オレンジ色と黄色とを混ぜたような色に変色してきました。今度は「黄色大根」です。まだたっぷりと熱を持っていました。

こんな状態でもどんどんリハビリをするのが、いま風なのです。折り曲げたり思い切り伸ばしたりを繰り返します。135度まで折り曲がらねばなりません。120度、125度、130度まで行きますが、135度には、なかなか痛いものがあります。
むらさき大根はその後、1ヶ月半経った今でも、もとの「皺だいこん」には戻っていません。まだ熱っぽくはれています。

ところがここから放置すると、固着して自由には動かなくなると脅かされています。
整形外科医は「あなたは優等生患者です。こんなに順調に回復する人は珍しい」といいながら、ここでリハビリをさぼると大変なことになる、というのです。
私の場合には、長年痛くても我慢してキャリーに頼りながら歩いてきたので、Legの筋肉全体がひん曲がって、腰の骨まで変形してしまっていたので、立ちかたから歩き方まで全部修正しなければならないので、そんなことできるのかなーと怪訝に思っています。
いつになったら、真っ直ぐな「皺だいこん」がやってくるのかなーと思っています。

次回から2019年1月に出版された「未来を切り拓く女性たちのNPO活動:日米の実践から考える」について、感想を寄せて頂いた方の言葉をお知らせいたします。

書籍概要:日米のNPO活動実践・教育研究および、女性の権利擁護運動に関わってきた著者二人(柏木宏 金谷千慧子)が、これまでのNPOを通じた女性の活動を振り返り今後、女性がNPOをどのように活用し新たな働き方を探っていくべきかを展望します。出版社、明石書店。ソフトカバー248ページ。2592円(税込み)。詳細は、以下からご覧ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/toc/4750347787/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=465392
2019年3月28日(木)6時半から大阪駅前第2ビル大阪市立大学大学院梅田サテライト101教室での出版記念シンポジウムにぜひご参加ください。詳しくは前回のブログを。

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱海まで足をのばしました。―MOA美術館とART 2022 OLYMPIA展

東京都美術館での研究会(デッサン研修)を終えて、こだまに乗り換えて40分、熱海に …

林 弘子さんが急逝された。なんと残念な…

福岡の友人から連絡を受けた。宮崎公立大学長(平成23年より)だった林弘子(はやし …

NYの裏側があぶり出されたコロナ災害

今年の2月から3月にかけて、このブログのアメリカ報告の途中から、世界中で新型コロ …

2005年9月
秋学期がはじまった、関西大学の「ジェンダー論」

2008年10月3日(金)秋学期最初「現代社会とジェンダー」の授業が終わったとこ …

ラトビア、首都リーガは美しい街

ラトビアはバルト三国でも最も小さい国。人口は200万人弱、面積は日本の北海道の約 …

絵画展に出展します

第15回洋画A展 2015年3月3日(火)~7日(土)AM11:00~PM6:0 …

『ヴァラドンとユトリロ 母と子の物語』展

シュザンヌ・ヴァラドン(1865~1938)と息子モーリス・ユトリロ(1883~ …

10月は3枚描きました

10月は3枚描きました。 1.「ミニバラを持つ女性」 6号 課題は全身ヌードだっ …

肉筆浮世絵展に行きました─5/27大阪市立美術館

アメリカ・シカゴの日本美術収集家ロジャー・ウェストン氏(Roger L. Wes …