絵の具の話。絵を描き始めました

      2014/10/06

この4月からまた油絵を始めました。

忙しさに負けて、随分長く封印してきました。20年以上になるかもしれません。描きかけで放置しているのを3つのイーゼルに立てて、乾いてきたら、移動して塗り込みます。でも連休(GW)が終わったので、またピッチは遅くなります。

「絵」はCGや写真のこの時代に存在価値などあるのかと思い返していましたが、油絵は筆の運びで永久に変化するのが面白いところです。終わりのない色の旅かもしれません。

ただ色塗り重ねている内に、写真風に細密さにこだわってしまうとだんだん似てはくるのですが、その過程で自分は何を描きたかったのか見失ってしまいます。描きたいことに固執し続けるにはエネルギーが要ります。

油絵を描きたかったのは小学生の頃からです。戦後、算数と国語の授業しかなかった頃から音楽や図工、体育の時間が現れました。私の家では水彩絵の具さえ高価なもので、ましてや油絵の具なんて、私は西洋の画家たちだけの道具だと思っていました。見たこともありませんでした。

水彩絵の具をたっぷり使って油絵風に描くと学校近辺での入賞作品にはなりましたが、母親は「もったいないから、あんな使い方はしてはいけない」と何度も叱りました。

そのころに比べると、自分で検索サイトで絵の具を探し当て、配達してもらって、存分に描き尽くせるなんて、それだけでも幸せな時代です。

絵の具の三原色は黄色 ( Yellow ) と赤紫色 ( Magenta ) と空色(Cyan)ですから、3色あれば、どんどん混ぜ合わせるだけでどんな色でも作ることが可能なのです。しかし混ぜる楽しみもありますが時間もかかります。そこで最近では何千種という中で適切な絵の具を探すことも出来ますし、三原色から作れない金色や銀色の絵の具もあります。

金や銀は光の強弱によって表されるので、絵では、銀はグレイと光の当たり具合による濃淡を白黒で表わします。金とか、銀とかの色は存在せず、黄色や黄土色、灰色に光の特徴的な反射が加わったものだからです。金色や銀色も絵の具を混ぜあわせようか、それとも安直に1本700円で買ってしまおうか、妙なところで思案しているところです。

【好きな絵】

image002

image0011

三岸節子記念美術館(http://s-migishi.com/)では現在2013年4月9日(火)から7月28日(日)まで、三岸節子「花の祭典」として常設展をしています。

image0031

image0041

 

 - ブログ, 油絵

  関連記事

もうひとつ「魔女の秘密展」から

魔女には大きく2つのイメージがありますが、グリム童話や現代のアニメに登場する明る …

「100年」にうたう「君死にたまふことなかれ」

女性と仕事研究所は2004年4月で東京事務所設立5周年を迎えました。ちょっとした …

アメリカ報告第2弾 なんといっても『Women’s March』!

今回のアメリカ訪問の目的の一つは”Women’s March”に参加することでし …

極暑お見舞い 2018年の夏―地球の悲鳴が聞こえます

酷暑が続いています。皆様この極暑をどのようにして乗り切っておられますか。 「平成 …

2005年10月
もうすぐなくなる『みなとNPOハウス』2002年7月~2007年6月
夫の死にあたふた(1~3)女性が働くことを支えた人

夫は戦後の食糧難の時代に育ったにもかかわらず、健康な歯が一本も欠けず最後まで身体 …

やっと「紙とハンコ」から解放されるのでしょうか コロナ後の働き方を考える(1)

2020年6月19日、政府(内閣府・法務省・経済産業省)からハンコについての見解 …

与謝野晶子「山の動く日来る」の再来を! その1

最近、長年与謝野晶子研究をしている方とお付き合いが復活しました。それをきっかけに …

待ったなしの年の瀬

気候変動、地球の異変に待ったなし(その1) 大人は子どもたちの未来を奪ってはいけ …