肉筆浮世絵展 その2 江戸の鳥瞰図

   

極彩色の美人浮世絵の中に、「江戸鳥瞰図」(鍬形蕙斎くわがたけいさい文化年間~文政3年1804~20)という江戸の街全体を一望する俯瞰図がありました。横1メートル26センチ,縦65.7センチと大きいものですが、それでも当時の江戸の街を全部納めるにはとても小さいものです。人もたくさん描かれています。

20150601

「江戸鳥瞰図」 鍬形蕙斎

1800年ぐらいの江戸の人口は、100万人程度だったといわれています。世界の都市では北京:110万、広州・ロンドン:100万人(ジョージ・モデルスキー著”World Cities2003年)というところですが、生活の質などからみても、世界一の都市はやはりロンドンだったようです。江戸の人口は男性が多く、女性は全体の3分の1程度だったといいます。異常に男性の多い街です。
この「江戸鳥瞰図」は隅田川の左岸からみた図で、中央に真っ白の富士山がそびえています。双方へ山並みが連なり、その下に江戸城があります。下に描かれている隅田川沿いに浅草寺があり吉原も描かれています。緑が多く残っています。また隅田川は護岸工事が全くされていません。帆船や遊楽船などもあります。

東都名所新吉原五丁町弥生花盛り全図 広重 天保6年(1830)頃

東都名所新吉原五丁町弥生花盛り全図 広重 天保6年(1830)頃

肉筆浮世絵展を出て、すぐ近くの阿倍野区の「あべのハルカス」の展望台に登りました。F59階高さ300メートルは日本一高いビルなのですが、まさにここは現代大阪の鳥瞰図でした。

「あべのハルカス」展望台から4枚

20150601_2

天王寺近辺

生駒方面

生駒方面

20150601_4

大阪港

20150601_1

展望台

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

だいじょうぶでしたか?  ―熊本大地震に寄せて

昨夜の警報で熊本市での震度7の地震を知りました。懐かしい熊本の友人の安否がとても …

「炎の画家三岸節子」・・・「女の描く絵」からどう飛躍したのか

吉武輝子著「炎の画家三岸節子」(文芸春秋社)を読み終えました(前回紹介した本です …

母の日

昔、母性神話に悩まされていた。「保育所に預けるなんて、母性というものがない人だ」 …

no image
地熱発電こそ普及したい! 原発より強かった 東北地方の地熱発電所

3年前最初に宿泊したウイーンのホテルのすぐ近くに地熱発電所がありました。温泉があ …

寄りかからず。 立て、立ち上がれ!

詩人の茨木のり子さんは2006年2月17日79歳で亡くなった。大阪市の出身。夫死 …

ポスト・コロナに向けてーリーダーの在り方(リーダーシップ最終稿)

コロナ危機の下でのリーダーシップ  今回がリーダーシップについての最終稿である。 …

トルコに行ってきました

年末にトルコでちょっと遊んできました。 白亜の石灰棚「パヌッカレ」にて。

「魔女の秘密展」に行きました(天保山・大阪文化館)

しばらくこの欄を休んでいましたが、また再開します。 魔女には大きく2つのイメージ …

断捨離って、必要なものを残して大切に扱うこと

この今年の夏の暑いさなか、娘とともに断捨離に励みました。まずは、収納場所をなくす …

涼風献上