「魔女の秘密展」に行きました(天保山・大阪文化館)

   

しばらくこの欄を休んでいましたが、また再開します。

IMG_20150504_160343

魔女には大きく2つのイメージがあります。グリム童話や現代のアニメに登場する明るく、こっけいな(あるいは可愛い)魔女とヨーロッパの中世から近世にかけての「魔女裁判」や「魔女狩り」の犠牲者としての魔女です。
後者の魔女は、ヨーロッパ各地で15世紀から17世紀にかけて社会的宗教的集団ヒステリーの被害者として、何の罪もないままに火あぶりや水攻め・斬首などで殺害された多くの女性たちです。
この後者の悲しい魔女の存在は明らかにはなっていますが、もっともっとこの負の歴史を私たちは十分に知る必要があると、この展覧会は伝えています。

毎日新聞社主催の今回の展覧会は、今なぜ、両者の「魔女」の存在を知るべきなのかを問う、とても充実したものだと思いました。「この魔女の秘密展」は、魔女として殺害された人数がもっとも多いとされるドイツのプファルツ歴史博物館で2009年に開催されたのが最初で、今回日本にやってきました。
この展覧会を機に出された冊子(「魔女の秘密展」公式図録)に、評論家山田五郎氏が「今こそ魔女を知るべき理由」と題して、こんな言葉で締めくくっています。
「魔女裁判が近代化の副産物だった事実が物語るように、魔女という文化には近代社会が抑圧してきた自然や呪術に関する知恵が秘められています。この展覧会が魔女裁判の悲劇を二度と繰り返さないよう自戒する一方で、魔女が象徴する自然強制方の文化を見直すきっかけになってくれれば、これほどうれしいことはありません」と。

私は、今まで外国にいくと、必ず魔女の人形を探して歩いていました。今回、売店では魔女の人形が20体ほど並べられていました。アメリカ産の魔女は、魔女狩りの歴史がない国だからなのか、とても明るくユニークなものでした。私が記念に買い求めたのが、写真の「ホレ魔女」です。「ホレ魔女」(Love Witch)は、パワフルで背中にホレ薬の媚薬を入れた袋をもち、ほうきの先につけているティーポットに入れて相手に飲ませる魔女なのだそうです。

image001

アメリカ産 ホレ魔女人形

 

 - ブログ, 女性と宗教

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

断捨離って、必要なものを残して大切に扱うこと

この今年の夏の暑いさなか、娘とともに断捨離に励みました。まずは、収納場所をなくす …

『ヴァラドンとユトリロ 母と子の物語』展

シュザンヌ・ヴァラドン(1865~1938)と息子モーリス・ユトリロ(1883~ …

ラトビア、首都リーガは美しい街

ラトビアはバルト三国でも最も小さい国。人口は200万人弱、面積は日本の北海道の約 …

《No.1》 戦後60年、性差を超えて

戦後60年の年末が近づいています。この一両日、いきなりの真冬になってしまいました …

NYの裏側があぶり出されたコロナ災害

今年の2月から3月にかけて、このブログのアメリカ報告の途中から、世界中で新型コロ …

夫の死にあたふた(1~3)要介護5―あざだらけの老々介護

半世紀余に及ぶ弁護士生活は勤勉実直そのもの、世のため、人のため骨身を惜しまず、人 …

授業のはじめに 法女性学と自分の振り返り

日本での女性学の講義のはじまりは1970年代の後半、お茶の水女子大学からだといわ …

やっと「紙とハンコ」から解放されるのでしょうか コロナ後の働き方を考える(1)

2020年6月19日、政府(内閣府・法務省・経済産業省)からハンコについての見解 …

2回目の出版記念シンポジウムが終わりました

  東京につづいて、3月28日(木)夕刻から第2回目の大阪での出版記念 …

肉筆浮世絵展 その2 江戸の鳥瞰図

極彩色の美人浮世絵の中に、「江戸鳥瞰図」(鍬形蕙斎くわがたけいさい文化年間~文政 …