「魔女の秘密展」に行きました(天保山・大阪文化館)

   

しばらくこの欄を休んでいましたが、また再開します。

IMG_20150504_160343

魔女には大きく2つのイメージがあります。グリム童話や現代のアニメに登場する明るく、こっけいな(あるいは可愛い)魔女とヨーロッパの中世から近世にかけての「魔女裁判」や「魔女狩り」の犠牲者としての魔女です。
後者の魔女は、ヨーロッパ各地で15世紀から17世紀にかけて社会的宗教的集団ヒステリーの被害者として、何の罪もないままに火あぶりや水攻め・斬首などで殺害された多くの女性たちです。
この後者の悲しい魔女の存在は明らかにはなっていますが、もっともっとこの負の歴史を私たちは十分に知る必要があると、この展覧会は伝えています。

毎日新聞社主催の今回の展覧会は、今なぜ、両者の「魔女」の存在を知るべきなのかを問う、とても充実したものだと思いました。「この魔女の秘密展」は、魔女として殺害された人数がもっとも多いとされるドイツのプファルツ歴史博物館で2009年に開催されたのが最初で、今回日本にやってきました。
この展覧会を機に出された冊子(「魔女の秘密展」公式図録)に、評論家山田五郎氏が「今こそ魔女を知るべき理由」と題して、こんな言葉で締めくくっています。
「魔女裁判が近代化の副産物だった事実が物語るように、魔女という文化には近代社会が抑圧してきた自然や呪術に関する知恵が秘められています。この展覧会が魔女裁判の悲劇を二度と繰り返さないよう自戒する一方で、魔女が象徴する自然強制方の文化を見直すきっかけになってくれれば、これほどうれしいことはありません」と。

私は、今まで外国にいくと、必ず魔女の人形を探して歩いていました。今回、売店では魔女の人形が20体ほど並べられていました。アメリカ産の魔女は、魔女狩りの歴史がない国だからなのか、とても明るくユニークなものでした。私が記念に買い求めたのが、写真の「ホレ魔女」です。「ホレ魔女」(Love Witch)は、パワフルで背中にホレ薬の媚薬を入れた袋をもち、ほうきの先につけているティーポットに入れて相手に飲ませる魔女なのだそうです。

image001

アメリカ産 ホレ魔女人形

 

 - ブログ, 女性と宗教

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2005年10月
寒中お伺い申し上げます

新しい年を迎えました。そして今日は、11年目の阪神大震災の日です。 それぞれの1 …

肉筆浮世絵展 その2 江戸の鳥瞰図

極彩色の美人浮世絵の中に、「江戸鳥瞰図」(鍬形蕙斎くわがたけいさい文化年間~文政 …

極暑お見舞い 2018年の夏―地球の悲鳴が聞こえます

酷暑が続いています。皆様この極暑をどのようにして乗り切っておられますか。 「平成 …

ミュージカル「エディット・ピアフ」を堪能しました

私はずっとシャンソンが好きでした。東京にいるとき(単身赴任中)は、四ツ谷にある『 …

「炎の画家三岸節子」・・・「女の描く絵」からどう飛躍したのか

吉武輝子著「炎の画家三岸節子」(文芸春秋社)を読み終えました(前回紹介した本です …

フェミニズムとわたしと油絵(2013~2023)(その15) 「金谷千慧子フェミニズム絵画展」 オープニング・パーティ挨拶

1)みなさまこんにちは。 ようこそお越しくださいました。本当にありがとうございま …

フェミニズムとわたしと油絵(2013~2023)(その3)

趣味の油絵を再開して10年になるのをきっかけに、「フェミニズムとわたしと油絵」と …

フェミニズムとわたしと油絵(2013~2023)(その12)

1 書籍完成! かねてより注力していました『フェミニズムとわたしと油絵―「描かれ …

右足が3センチ成長しましたヨ。

手術から1か月たちました。無事、両足で歩いています。ご心配いただいてありがとうご …