プレジデント社プレジデントウーマン編集長今井道子さんとご一緒しました

   

514sBstirTL3月1日(日)三重県男女共同参画センター主催のパネルディスカッションのコーディネーターを努めました。パネラーの一人今井道子さんをご紹介したいのです。今、話題の方ですから各新聞社のインタビュー記事が多く出ていますが、「プレジデントウーマン」発刊(2014年11月6日)にいたる6人の女性メンバーの粘り強い社長への直訴活動には感動しました。女性のエグゼクティブは女性的センスを持ったままで男性的ではなくていいとも言っておられました。女性のプレジデントが多く輩出される日が一日も早くと願っておられます。

この雑誌は男性誌「プレジデント」とは違ってこれから女性のエグゼクティブを育成するのに力を入れているとてもいい指導書だと思います。

今井道子さんへのインタビュー記事

■http://beauty.yahoo.co.jp/lifestyle/articles/53005
「【編集長インタビュー】女性は選択肢が多いから悩む。新雑誌『PRESIDENT WOMAN』が目指すもの – Yahoo! BEAUTY」
■http://mainichi.jp/shimen/news/m20141117ddm008020019000c.html
「インタビュー・最前線:プレジデント・ウーマン、今井道子編集長 – 毎日新聞」
■http://opi-rina.chunichi.co.jp/topic/20141120-1.html
「プレジデント・ウーマン発刊:トピックス:中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ(Opi-rina)」

パネルディスカッションで使用した金谷のプロフィールスライド

 - 女性と仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「N女」ってご存知ですか?「N女の研究」(中村安希著)紹介

NPOの新しい働き方を生み出す「N女」たち 「N女」とは何か 2016年11月2 …

キャリアをデザインする─「フレンテみえ」Web限定 男女共同参画ゼミ<第3回>

■キャリアをデザインする 女性とキャリアをつなぐもの| 三重県男女共同参画センタ …

迎春 新年おめでとうございます

また長らく書けずに過ごしておりましたが、お正月は「やっぱりがんばろう」と思うきっ …

公的教育支出、日本は最下位

OECD(経済協力開発機構)は2017年9月12日に、加盟国の教育に関する調査結 …

待ったなしの年の瀬

気候変動、地球の異変に待ったなし(その1) 大人は子どもたちの未来を奪ってはいけ …

女性管理職1割未満が8割、春遠からじなのか

毎日新聞1月10日付に東京商工リサーチの調査結果が出ていた。 「管理職のうち女性 …

もうすぐ春、一人ひとりの春、なにかあたらしいことに想いを馳せる春

女性と仕事研究所では、新しい春にキャリアカウンセリングをはじめます。 専門のキャ …

夫の死にあたふた(1~3)女性が働くことを支えた人

夫は戦後の食糧難の時代に育ったにもかかわらず、健康な歯が一本も欠けず最後まで身体 …

人生100年会議での提案-やり直し職業教育

政府に有識者会議「人生100年時代構想会議」というのが発足しそうである。 世界に …

「女性と仕事研究所同窓会2019」 Photo集

30の笑顔がはじけて楽しい時間が流れました。2019年5月25日の午後、芦屋市ホ …