プレジデント社プレジデントウーマン編集長今井道子さんとご一緒しました

   

514sBstirTL3月1日(日)三重県男女共同参画センター主催のパネルディスカッションのコーディネーターを努めました。パネラーの一人今井道子さんをご紹介したいのです。今、話題の方ですから各新聞社のインタビュー記事が多く出ていますが、「プレジデントウーマン」発刊(2014年11月6日)にいたる6人の女性メンバーの粘り強い社長への直訴活動には感動しました。女性のエグゼクティブは女性的センスを持ったままで男性的ではなくていいとも言っておられました。女性のプレジデントが多く輩出される日が一日も早くと願っておられます。

この雑誌は男性誌「プレジデント」とは違ってこれから女性のエグゼクティブを育成するのに力を入れているとてもいい指導書だと思います。

今井道子さんへのインタビュー記事

■http://beauty.yahoo.co.jp/lifestyle/articles/53005
「【編集長インタビュー】女性は選択肢が多いから悩む。新雑誌『PRESIDENT WOMAN』が目指すもの – Yahoo! BEAUTY」
■http://mainichi.jp/shimen/news/m20141117ddm008020019000c.html
「インタビュー・最前線:プレジデント・ウーマン、今井道子編集長 – 毎日新聞」
■http://opi-rina.chunichi.co.jp/topic/20141120-1.html
「プレジデント・ウーマン発刊:トピックス:中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ(Opi-rina)」

パネルディスカッションで使用した金谷のプロフィールスライド

 - 女性と仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アメリカ報告その4 AFTERコロナで経済活動は、もう少し減速修正するだろう

アメリカの新型コロナウイルス感染者数(195万1722人)・死者数(11万771 …

女性管理職1割未満が8割、春遠からじなのか

毎日新聞1月10日付に東京商工リサーチの調査結果が出ていた。 「管理職のうち女性 …

キャリアをデザインする─「フレンテみえ」Web限定 男女共同参画ゼミ<第2回>

■キャリアをデザインする 女性とキャリアをつなぐもの| 三重県男女共同参画センタ …

やっと「紙とハンコ」から解放されるのでしょうか コロナ後の働き方を考える(1)

2020年6月19日、政府(内閣府・法務省・経済産業省)からハンコについての見解 …

ニートの男女比とジェンダーについて

NEET(ニート)=Not in employment, education o …

公的教育支出、日本は最下位

OECD(経済協力開発機構)は2017年9月12日に、加盟国の教育に関する調査結 …

「女性たちのNPO」出版記念シンポジウムのご案内

NPO法の制定から20年が経過し、NPOというアルファベットの3文字も、広く社会 …

2012年度 ハッピー・キャリア企業表彰 

女性と仕事研究所メンター 森口ひろみ 10月に日本で開催された世界銀行の年次総会 …

雑誌『婦人公論』が100年を迎えました

『婦人公論』は、1916年(大正5)『中央公論』の女性版として創刊されました。『 …

もうすぐ春、一人ひとりの春、なにかあたらしいことに想いを馳せる春

女性と仕事研究所では、新しい春にキャリアカウンセリングをはじめます。 専門のキャ …