CSR(企業の社会的責任)としての女性の働きやすさ

      2014/10/23

2004_dec

SR(企業の社会的責任)やSRI(社会的責任投資)という言葉が飛び交うこのごろです。CSRは、企業活動のプロセスに収益性だけではなく、従業員の働きやすさ、地球環境に配慮した商品開発、情報公開や不正の回避を実行している等の項目で企業を評価する指標になるものです。

12月3日、東京都ウイメンズプラザで開催された「男女平等参画リーダー講座」で、「CSRからみる企業に求められる経営責任とは-女性の登用による企業価値の向上をめざして」というテーマで講演をしました。午後の講座では、できたての報告書「女性社員による登用に関する自社企業評価」(東京ウイメンズプラザ助成事業・女性と仕事研究所実施)をもとに、「あなたの企業の女性社員の登用に関する満足度は?」についてワークショップをしました。また、外資系のジョンソン&ジョンソン(メディカルカンパニーシニアマネージメント)と資生堂( CSR 部次長、男女共同参画グループリーダー)が事例報告をされました。

参加企業50社中、「 CSR の推進組織がある」が42%、「ポジティブアクションに取り組んでいる」も44%で、この点では進んだ企業から多くの参加がありました。ところが「女性管理職の比率」は「1%以下」が最も多く58%(女性従業員比率は「30~50%」が最も多く37%)という状態です。

CSR の企業評価基準には各種ありますが、4つの分野、「従業員対象」「環境対策」「地域社会対策」「経済・倫理対策」で評価するのが一般的です。「社会的責任」の概念には柔軟性があり、評価分野は年代・地域により異なります。最近この基準に「女性活用度や働きやすさ」を加える動きが急激に起こり、ここ数年で主流になってきています。 CSR 推進組織を有する日本の企業においても、「従業員対象」の基準に「女性の働きやすさや管理職登用率」を入れる例が多くなってきました。「女性管理職比率が1%以下」が最も多いという状況から脱する日も近いだろうと期待します。

「女性社員による登用に関する自社企業評価」(女性と仕事研究所)
売価500円(1冊送料150円)

 - 女性と仕事

  関連記事

女性管理職1割未満が8割、春遠からじなのか

毎日新聞1月10日付に東京商工リサーチの調査結果が出ていた。 「管理職のうち女性 …

第17回 女性と仕事研究所認定式

2007年2月17日認定されたキャリアアドバイザーの人たち

「失恋休暇」がある企業ってご存じですか。

「週間朝日」6月10日号の特集は「女性が働きやすい企業115社」です。 この記事 …

雑誌『婦人公論』が100年を迎えました

『婦人公論』は、1916年(大正5)『中央公論』の女性版として創刊されました。『 …

no image
《No.2》 女性に特化した「キャリア形成支援」の必要性

人材育成学会第3回年次大会(於:文教大学)で「キャリア形成支援とジェンダー」とい …

公的教育支出、日本は最下位

OECD(経済協力開発機構)は2017年9月12日に、加盟国の教育に関する調査結 …

育児の値段は「年収」237万円?

明治生安田生命が子育てに関する調査の結果を発表した(2017/9/13)。調査は …

新型コロナウイルスは女性にどのような影響を及ぼしているか

      続くコロナ禍で働く女性のしんどさ コロナ禍の下、日本でも感染拡大は多 …

人生100年会議での提案-やり直し職業教育

政府に有識者会議「人生100年時代構想会議」というのが発足しそうである。 世界に …

no image
「ワークライフバランス」についての日経新聞の取材から

日経新聞記事(pdfファイル) 記事はPDFにしていますが、 あんなに多くしゃべ …