ベティ・フリーダンの思い出

      2014/10/23

ベティ・フリーダン(Betty Friedan)が亡くなった。85歳の誕生日、2月4日のことだったという。一つの時代が終わったのかという寂しさを感じるのは、多くの女性たちにとってもきっと同じだろう。

地球上の女性たちに読み継がれていった『新しい女性の創造』(Feminine Mystique:女らしさの神話)の出版は1963年のことであった。これが契機で世界レベルの爆発的なフェミニズム運動に広がっていった。女性を家庭での妻役割、母役割に閉じこめることが、性差別の最大の原因だというとても分かりやすい理論だった。NOW(National Organization of Women:全米女性機構1965年初代会長に就任)は、少し手ぬるいフェミニズムだと言われたりしたが、男性を敵にまわさない協調的なやり方で、賃金の男女平等、性の権利など多くの成果をあげていった。

私が世界会議で、ベティー・フリーダンの姿を見たのは、第3回のナイロビ大会とと第4回の北京会議だった。ナイロビでは、大きなブーゲンビリアの木陰でひとり、一人と話合うという手法をとっていた。でもあまり訪れるひとは多くなかったようだ。やはり壇上の方が似合うひとなのかと思った。

北京会議では、「老い」についてのワークショップを主催していた。私たちのグループ(22名)は、隣のテントで「M字型就業形態を超えて」というタイトルで、英語と中国語と日本語の熱いワークショップをやっと終えて、記念写真におさまりかけたときだった。「わーっ」、「きゃー」、「ベティ・フリーダンよ」と声が上がり、私たちの記念撮影にベティー・フリーダンが入ってきてくれたのだ。

私たちは「感激!」「ラッキー!」といいながらベティ・フリーダンを真ん中に上気した頬のままに、下の写真に収まったのだ。あれから10年余。今日訃報をを聞いた。

image2

 - 女性の活躍

  関連記事

新型コロナウイルスは女性にどのような影響を及ぼしているか

      続くコロナ禍で働く女性のしんどさ コロナ禍の下、日本でも感染拡大は多 …

アベノミクスに欠けているもの

1 アベノミクスは「女性の活躍」が中核 アベノミクスの成長戦略の柱は「女性の活躍 …

震災と女性

2011年7月25日(月)シンポジウム「震災と女性」で宗片恵美子さん(特定非営利 …

アメリカ報告その4 AFTERコロナで経済活動は、もう少し減速修正するだろう

アメリカの新型コロナウイルス感染者数(195万1722人)・死者数(11万771 …

林 弘子さんが急逝された。なんと残念な…

福岡の友人から連絡を受けた。宮崎公立大学長(平成23年より)だった林弘子(はやし …

夫の死にあたふた(1~3)女性が働くことを支えた人

夫は戦後の食糧難の時代に育ったにもかかわらず、健康な歯が一本も欠けず最後まで身体 …

no image
シングルマザーに福祉ではなく労働権を「シングルマザー専用」の職業紹介事業の記事

シングルマザーを管理職に!の記事から 朝日新聞によると職業紹介事業の柱に、社会に …

こんなときだからこそ 国際女性DAY

コロナウイルスが広まる中で コロナウイルスの拡大で世界は一変してしまいました。1 …

恐ろしい勢いで進む女性の貧困化

女性の活躍が叫ばれる一方で、女性の貧困化が恐ろしい勢いで進んでいます。 女性の就 …

母の日

昔、母性神話に悩まされていた。「保育所に預けるなんて、母性というものがない人だ」 …