再度、ヌード絵画について

      2015/01/12

91-qIpOZQRL1月最初のレッスンが終わって、描きはじめのヌードキャンパスのバッグを担いで、韓国釜山料理のお店に着いた8人。男性5人はみんなおしゃべり。私は今日も描けないので、欝とうしい気分のまま・・・。

早速おとなりから、「この間もヌードを描くエネルギーが沸いてこないって、先生の前でいってたけど、あれってどういうこと?」と質問がくる。「男性のあなたは女性のヌードモデルを描いているとき、どんな気分で描いているの?誰か(女性)のことを思い出しながら描いているのと違うの」とわたし。

「もうこの年になって男性でなくなってしまうと、なんとも思わんときれいと思って描いてるよ。でも思い出してるな。」「僕ら、若いときやったらよう描かんかったやろな、じっと描いてなんかおられへんわ。」「僕はきれいに描くことを目指している。本当に皮膚の色でもほんの少しの違いでも描き分けて、美しく描きたいのや。」などの意見。

私はヌードも修行と覚悟はしているが、肌色だけが存在している画面なんて単調すぎる。希望やパッションを伝えないものは絵画ではないと思っているし、何とかしなければ・・・・・。まだ続くだろうこの悩み。

IMG_0001

「大虹椿」SMサイズ2015年1月

 

 - 油絵

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

右足が3センチ成長しましたヨ。

手術から1か月たちました。無事、両足で歩いています。ご心配いただいてありがとうご …

展覧会を終えて

秋の展覧会から絵が帰ってきて、ダンボールを片付けたところです。すぐさま原稿に取り …

「女性と仕事研究所同窓会2019」 Photo集

30の笑顔がはじけて楽しい時間が流れました。2019年5月25日の午後、芦屋市ホ …

『あじさい娘の勝利』について

何が勝利なのかは、目標を持って日々送ることから始まる。 身近な目標をひとつひとつ …

いまどきの膝小僧手術―油絵を描きながらの2週間

年間7万人が膝の手術をするそうです。 私の膝小僧が痛み出してもう10数年になりま …

熱海まで足をのばしました。―MOA美術館とART 2022 OLYMPIA展

東京都美術館での研究会(デッサン研修)を終えて、こだまに乗り換えて40分、熱海に …

「炎の画家三岸節子」・・・「女の描く絵」からどう飛躍したのか

吉武輝子著「炎の画家三岸節子」(文芸春秋社)を読み終えました(前回紹介した本です …

ヌードの画題が出ました

どうしたものかと迷ったあげくの私のスケッチ 永年、画家(男性)とヌード(女性)の …

絵の具の話。絵を描き始めました

この4月からまた油絵を始めました。 忙しさに負けて、随分長く封印してきました。2 …

与謝野晶子「山の動く日来る」の再来を! その1

最近、長年与謝野晶子研究をしている方とお付き合いが復活しました。それをきっかけに …