今月(2016年11月)の油絵

   

1 ポピーの花 (F10号)

英語のレッスンが終わるとそのままカフェテラスへなだれ込みます。ホテル1Fのカフェテラスは四つ橋筋に面していて、大きなガラスの向こうはせからしい車の波とそれを遮るかのようにゆっくりと交差点を行き来する人の流れ。その風景は途切れることなく変わります。その風景はポピーの花の向こうにあります。ポピーは造花でしたが、シックなホテルのカーテンと華やかな花の暖色はいい取り合わせです。それにいいコーヒーです。お替りは無料。
今日もお土産のチョコレートがあります。「キューバのチョコレート?」「ヘェー!」などなどと英語以外の話で盛り上がります。

2 足の長い女性の船から眺めた花火の話(F8号)

今月は、モデル嬢で物語をつくることにしました。足の美しい人です。「長い足」を画面の中心において、船から眺めた花火に思いを馳せる姿にしました。どんな思いがあったのかは顔の表情で表現しようとしたのですが、含み笑いを絵にするのは難しいことでうまくいきません。でも何か楽しいことがあったと思いたいです。

 

 - 油絵

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

絵の具の話。絵を描き始めました

この4月からまた油絵を始めました。 忙しさに負けて、随分長く封印してきました。2 …

展覧会を終えて

秋の展覧会から絵が帰ってきて、ダンボールを片付けたところです。すぐさま原稿に取り …

与謝野晶子「山の動く日来る」の再来を! その1

最近、長年与謝野晶子研究をしている方とお付き合いが復活しました。それをきっかけに …

いまどきの膝小僧手術―油絵を描きながらの2週間

年間7万人が膝の手術をするそうです。 私の膝小僧が痛み出してもう10数年になりま …

11月の絵画

「カントリーソング Oh! my sunshine」 F15号 11月15日(日 …

『ヴァラドンとユトリロ 母と子の物語』展

シュザンヌ・ヴァラドン(1865~1938)と息子モーリス・ユトリロ(1883~ …

仲間で展覧会を開催します

仲間で展覧会を開催します。私は2つ出します 。 ひとつは「大島椿ー残花繚乱」 と …

展覧会のお誘い

◆第37回木星会展 9/16(水)~21(月) 尼崎市総合文化センター4F美術セ …

季節のごあいさつと展覧会のご案内

更新が滞り、ご心配をおかけしました。また今月からこのブログも書いていこうと思いま …

今年も入選しました

第73回女流画家協会展に今年も入選しました。 戦後間もなく1947(昭和22)年 …