配偶者控除」廃止が見送りになるーやはり廃止を求め続けたい

   

女性も青天井で働きたい!!

配偶者控除は、専業主婦の「内助の功」への「配慮」から1961年に設けられた制度である。折からの高度経済成長期を支える働き方モデル、家族モデルの基盤をつくった制度である。「男は仕事、女は家庭」の性別役割分業により、男性には過労死をもいとわない長時間労働に、女性には家事・育児・介護に一生を縛りつける制度であった。くしくも同じ時期にパートタイム労働者が出現し、子育て後にパートに出始めた女性は、「主婦労働」者と呼ばれた。

パートで年収103万円以下で働けば、夫の税負担が軽減されるというのが「配慮」である。女性の方は、年収103万円を超えないように就労制限しがちであり、「103万円の壁」と非難されてきた。賃金抑制をしたい企業側もパートが年収103万円以下に押さえて働くのは大歓迎で、企業は家族手当や住宅手当などの制度も、この配偶者控除の金額(103万円)に合せて設計されている。そしていつの間にか日本独自のパート(非正規)の低賃金構造を作り上げてきた。

このたび配偶者控除の廃止が遡上に上ったが、専業主婦などの反対は根強く、またも見送られた。政府・与党は、2017年度税制改正で、配偶者控除について、控除適用の上限を年収103万円から150万円程度に拡大するという。これではいつまでたっても、性別役割分業の社会構造は変わらないし、女性の活躍にもほど遠い。

しかしいまや男性だけ働けば経済が回っていく時代ではない。圧倒的労働力不足の時代を迎えている。家族形態にしても、いまや共働きが多数派になって十数年になる。いつまでも片働きの、それも高所得世帯だけを優遇する制度は不要である。

女性も青天井で働きたい!!

 - 女性と政策

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ニートの男女比とジェンダーについて

NEET(ニート)=Not in employment, education o …

「202030」また、断念! どうしてこうまで遅いのか コロナ後の働き方を考える(その2)

暑中お見舞い! コロナお見舞い!申し上げます。 もうすぐ「アフターコロナの時代が …

女性の車運転がやっと実現 。超保守王国サウジアラビアで2018年6月から

「ウイメン・トウ-・ドライブ」の活動 随分、以前のことですが、サウジアラビア駐留 …

パートはどんな理由があって差別状態のままにされているのか ─企業側の説明義務の法制化(日経2017年3月8日記事より)

同一賃金、待遇差で企業に説明義務 厚労省が論点整理/日本経済新聞 2017年3月 …

新型コロナウイルスは女性にどのような影響を及ぼしているか

      続くコロナ禍で働く女性のしんどさ コロナ禍の下、日本でも感染拡大は多 …

公的教育支出、日本は最下位

OECD(経済協力開発機構)は2017年9月12日に、加盟国の教育に関する調査結 …

なんとか、女性活躍の流れを止めたくない!

2015年は1月5日(月)から初仕事という方も多いでしょうね。 いかがお過ごしで …

女性管理職1割未満が8割、春遠からじなのか

毎日新聞1月10日付に東京商工リサーチの調査結果が出ていた。 「管理職のうち女性 …

恐ろしい勢いで進む女性の貧困化

女性の活躍が叫ばれる一方で、女性の貧困化が恐ろしい勢いで進んでいます。 女性の就 …

夫婦別姓判決─やっぱり、よわごし最高裁は決断できなかった。時代遅れの判決!

12月16日注目の判決には、がっかりだった。夫婦別姓を認めない民法の規定について …