ジェンダーフリーって何?

      2014/10/23

撮影:吉岡理夫(元朝日新聞社 記者)

撮影:吉岡理夫(元朝日新聞社 記者)

- 弱い存在たる「男性」も癒され、ホッとできる社会を-

「ジェンダーフリーって何?」『世界』4月号の特集です。岩波書店の雑誌『世界』は、2005年4月号で創刊60周年を迎えたということです。1946年創刊で、私の若い頃は、は、「『世界』を読んでいるのがインテリの証し」とばかり、読んでるフリをしていたものでした。本当に小さい字ばっかり。近年は読者が少なくなり、よほど大きな書店でないと置いていません。時代が変わったことを示すものの一つです。

ところで「ジェンダーフリーって何?」では、5本の主張が並んでいます。「生きやすい、働きやすい社会をつくるということ」「ジェンダーフリーはこわくない」などで、どれも納得、納得です。なかでも「生きやすい、働きやすい社会をつくる」は、男性の教育学者の立場からの主張で、今、起こっている男女共同参画社会づくりへのバックラッシュ(ジェンダーフリーの禁句化、性教育への圧力など)は、進めようとしているグループにある種の「弱点」があったのではないかと、述べています。それは、男女共同参画といいながら、それによってどれだけ男性が得をするかを充分示していないのでないかという点です。男性たちが感じている「強くあれ」プレシャーやリストラ不安等々、男性の心の現実について女性が深く共感することがまず必要で、男性がこの人には、自分の弱さをさらけ出してもいいと決意できることが必須条件だといいます。「強くあれ」で社会化されてきた多くの男性にとっては、恥ずかしくも母の乳房に顔を埋めたいと思う「弱い」自分と向きあえず、その葛藤にも気付かなくなっているのです。男性を自分の欲求に正直に生きることに導くのが、男女共同参画なのです。

ジェンダーフリーは男女の性差をなくしてしまうものだというように、いわばこの言葉に難癖をつけて、これをひっくりかえそうという動きが目立ちます。もし「誤解を与えたのであれば潔くジェンダー・バイアス・フリーとでもすればいいと思うし、もっとすんなり男女の平等といえばいいと思う」(p.87)ともいっています。ジェンダーフリー、男女共同参画は、これは男が楽になる道であり、今は男の分かれ道です。

 - 女性の活躍

  関連記事

女性管理職1割未満が8割、春遠からじなのか

毎日新聞1月10日付に東京商工リサーチの調査結果が出ていた。 「管理職のうち女性 …

スーチーさんの時代がきた

アウンサンスーチーさんがいつも髪に差している鮮やかな花の髪飾りは、再会することな …

ベティ・フリーダンの思い出

ベティ・フリーダン(Betty Friedan)が亡くなった。85歳の誕生日、2 …

熱海まで足をのばしました。―MOA美術館とART 2022 OLYMPIA展

東京都美術館での研究会(デッサン研修)を終えて、こだまに乗り換えて40分、熱海に …

なんとか、女性活躍の流れを止めたくない!

2015年は1月5日(月)から初仕事という方も多いでしょうね。 いかがお過ごしで …

やっと「紙とハンコ」から解放されるのでしょうか コロナ後の働き方を考える(1)

2020年6月19日、政府(内閣府・法務省・経済産業省)からハンコについての見解 …

ポスト・コロナに向けてーリーダーの在り方(リーダーシップ最終稿)

コロナ危機の下でのリーダーシップ  今回がリーダーシップについての最終稿である。 …

寄りかからず。 立て、立ち上がれ!

詩人の茨木のり子さんは2006年2月17日79歳で亡くなった。大阪市の出身。夫死 …

「ジェンダー平等の種を蒔きつづけて・・藤枝澪子の足跡」 出版記念会に参加して

「おんなの解放をどう闘うか」という視点 去る12月2日、「ジェンダー平等の種を蒔 …

与謝野晶子を唄う

5月29日は大阪、堺の生んだ「平和と平等の姉」与謝野晶子の命日です。 私の魂の星 …